ラクドスの肉儀場/Rakdos Carnarium

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
3行: 3行:
 
[[ラクドス教団/The Cult of Rakdos]]の[[黒赤]][[バウンスランド]]。
 
[[ラクドス教団/The Cult of Rakdos]]の[[黒赤]][[バウンスランド]]。
  
[[コモン]]にして2[[色]][[土地]]ということで[[リミテッド]]ではかなり強力。しかし、土地を戻さないと[[戦場]]に出せないという性質上、[[暴勇]]との相性は良くない。そのため、[[テーマデッキ]]には収録されていない。→[[ラクドス流血/Rakdos Bloodsport]]
+
[[コモン]]にして[[2色地形]]ということで[[リミテッド]]ではかなり強力。しかし、土地を戻さないと[[戦場]]に出せないという性質上、[[暴勇]]との相性は良くない。そのため、[[テーマデッキ]]には収録されていない。→[[ラクドス流血/Rakdos Bloodsport]]
  
 
*「肉儀場」という言葉は造語だと思われる。英語の「carnal」(肉体の、肉感的な)+大規模な空間を表す接尾語「rium」からか。
 
*「肉儀場」という言葉は造語だと思われる。英語の「carnal」(肉体の、肉感的な)+大規模な空間を表す接尾語「rium」からか。

2021年1月2日 (土) 15:23時点における版


Rakdos Carnarium / ラクドスの肉儀場
土地

ラクドスの肉儀場はタップ状態で戦場に出る。
ラクドスの肉儀場が戦場に出たとき、あなたがコントロールする土地1つをオーナーの手札に戻す。
(T):(黒)(赤)を加える。


ラクドス教団/The Cult of Rakdos黒赤バウンスランド

コモンにして2色地形ということでリミテッドではかなり強力。しかし、土地を戻さないと戦場に出せないという性質上、暴勇との相性は良くない。そのため、テーマデッキには収録されていない。→ラクドス流血/Rakdos Bloodsport

  • 「肉儀場」という言葉は造語だと思われる。英語の「carnal」(肉体の、肉感的な)+大規模な空間を表す接尾語「rium」からか。

関連カード

サイクル

ラヴニカ・ブロック初出のバウンスランドサイクルタップインで、戦場に出たときに自身コントロールする土地を1つ手札戻す。すべてのJohn Avon氏によって描かれている。

ビジョンズのサイクル(乾燥高原/Karooなど)の上位互換。共通の特徴として、これへの破壊バウンスは、テンポ・アドバンテージ面でとても有効。

参考

MOBILE