変異誘発型能力

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
(5人の利用者による、間の5版が非表示)
1行: 1行:
変異誘発型能力(Morph Triggered Ability)とは、[[オンスロート・ブロック]]、[[時のらせんブロック]]に登場した、[[裏向き]]から表向きになったことを[[誘発条件]]とする[[誘発型能力]]の俗称。
+
'''変異誘発型能力'''(''Morph Triggered Ability'')とは、[[オンスロート・ブロック]]、[[時のらせんブロック]]、[[タルキール覇王譚ブロック]]に登場した、[[裏向き]]から表向きになったことを[[誘発条件]]とする[[誘発型能力]]の俗称。その中でも特に、その[[パーマネント]]自身が表向きになることを条件とする場合のみを指すことが多い。
その中でも特に、そのカード自身が表向きになることを条件とする場合のみを指すことが多い。
+
  
 
{{#card:Skirk Marauder}}
 
{{#card:Skirk Marauder}}
 +
{{#card:Ainok Survivalist}}
  
[[変異]]を持つクリーチャーが持つので「変異誘発型能力」と呼ぶが、[[Illusionary Mask]]による裏向き状態から表向きになっても誘発する。
+
[[変異]]([[大変異]])を持つ[[クリーチャー]]が持つので「変異誘発型能力」と呼ぶが、[[Illusionary Mask]]や[[予示]]による裏向き状態から表向きになっても[[誘発]]する。もちろん、[[こじ開け/Break Open]]などで表向きになった場合も誘発する。
もちろん、[[こじ開け/Break Open]]などで表向きになった場合も誘発する。
+
  
あくまで誘発型能力なので[[スタック]]に乗る。ただし、表向きになることはスタックに乗らないので、その[[パーマネント]]が表向きになったあとに能力がスタックに乗ることになる。[[対象]]の決定はスタックに乗るときなので注意すること。
+
あくまで誘発型能力なので[[スタック]]に乗る。ただし、表向きになることはスタックに乗らないので、そのパーマネントが表向きになったあとに[[能力]]がスタックに乗ることになる。[[対象]]の決定はスタックに乗るときなので注意すること。
  
*この能力は[[誘発型能力]]なので、[[もみ消し/Stifle]]で打ち消すことができる。
+
*この能力は誘発型能力なので、[[もみ消し/Stifle]]で打ち消すことができる。
*裏向きのパーマネントが場を離れた時、その表を[[公開する]]必要があるが、このとき変異誘発型能力は誘発しない。場で表向きにならなくてはいけない。
+
*裏向きのパーマネントが[[戦場]]を離れた時、その表を[[公開する]]必要があるが、このとき変異誘発型能力は誘発しない。戦場で表向きにならなくてはいけない。
*裏向きの[[ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter]]が表向きになり、その際にこの[[能力]]を持つ[[クリーチャー]][[コピー]]となった場合も[[誘発]]する。
+
*裏向きの[[ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter]]が表向きになるに際し、この能力を持つクリーチャーの[[コピー]]となった場合も誘発する。実際に[[ピクルス]]ではこの[[ギミック]]が採用されている。
 +
*[[刹那]][[呪文]]に対抗できる数少ない手段でもある。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[用語集]]
 
*[[用語集]]

2015年4月3日 (金) 02:06時点における最新版

変異誘発型能力(Morph Triggered Ability)とは、オンスロート・ブロック時のらせんブロックタルキール覇王譚ブロックに登場した、裏向きから表向きになったことを誘発条件とする誘発型能力の俗称。その中でも特に、そのパーマネント自身が表向きになることを条件とする場合のみを指すことが多い。


Skirk Marauder / スカークの匪賊 (1)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)

変異(2)(赤)(あなたはこのカードを、(3)で2/2クリーチャーとして裏向きに唱えてもよい。これの変異コストで、これをいつでも表向きにしてもよい。)
スカークの匪賊が表向きになったとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。スカークの匪賊はそれに2点のダメージを与える。

2/1


Ainok Survivalist / アイノクの生き残り (1)(緑)
クリーチャー — 犬(Dog) シャーマン(Shaman)

大変異(1)(緑)(あなたはこのカードを、(3)で2/2クリーチャーとして裏向きに唱えてもよい。これの大変異コストで、これをいつでも表向きにしてもよい。そうしたなら、これの上に+1/+1カウンターを1個置く。)
アイノクの生き残りが表向きになったとき、対戦相手がコントロールするアーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。

2/1

変異大変異)を持つクリーチャーが持つので「変異誘発型能力」と呼ぶが、Illusionary Mask予示による裏向き状態から表向きになっても誘発する。もちろん、こじ開け/Break Openなどで表向きになった場合も誘発する。

あくまで誘発型能力なのでスタックに乗る。ただし、表向きになることはスタックに乗らないので、そのパーマネントが表向きになったあとに能力がスタックに乗ることになる。対象の決定はスタックに乗るときなので注意すること。

[編集] 参考

MOBILE