強迫/Duress

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
6行: 6行:
  
 
[[エターナル]]環境には、1マナの手札破壊に他に[[陰謀団式療法/Cabal Therapy]]や[[思考囲い/Thoughtseize]]、[[コジレックの審問/Inquisition of Kozilek]]があるため、[[デッキ]]の構成と[[メタゲーム|メタ]]によって使い分けられることとなる。当然、併用される事も多い。
 
[[エターナル]]環境には、1マナの手札破壊に他に[[陰謀団式療法/Cabal Therapy]]や[[思考囲い/Thoughtseize]]、[[コジレックの審問/Inquisition of Kozilek]]があるため、[[デッキ]]の構成と[[メタゲーム|メタ]]によって使い分けられることとなる。当然、併用される事も多い。
 
**先にHymn to Tourachを使うと、強迫では何も落とせない確率が増す。このことから、使う順番は強迫→Hymn to Tourachがよい場合が多い。
 
 
*[[第7版]]で再録された当時は、同様に非常に強力な手札破壊の陰謀団式療法と抜群の相性を誇り、これらを4枚ずつ投入したデッキは「8デュレス」などと呼ばれた。その後、[[ローウィン]]で思考囲いが登場し、「12デュレス」が可能となっている(この3種類が併用される事は少ないが)。
 
*[[第7版]]で再録された当時は、同様に非常に強力な手札破壊の陰謀団式療法と抜群の相性を誇り、これらを4枚ずつ投入したデッキは「8デュレス」などと呼ばれた。その後、[[ローウィン]]で思考囲いが登場し、「12デュレス」が可能となっている(この3種類が併用される事は少ないが)。
 
*[[緑]][[単色デッキ|単]]や[[ゴブリン (デッキ)|ゴブリン]]相手だと、手札がクリーチャーと土地だけということが多く、効果が薄い。
 
*[[緑]][[単色デッキ|単]]や[[ゴブリン (デッキ)|ゴブリン]]相手だと、手札がクリーチャーと土地だけということが多く、効果が薄い。

2012年1月12日 (木) 16:37時点における版


Duress / 強迫 (黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の手札を公開する。あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーは、そのカードを捨てる。


ウルザズ・サーガに登場した手札破壊カードの代表格。1マナクリーチャーおよび土地以外のカード1枚を選んで捨てさせることができる。

様々な環境において手札破壊の定番として活躍した。黒マナ1つのみで唱えられるため、1ターン目から対戦相手手札を確認することも可能。エンチャントアーティファクトといった、黒にとってパーマネントとなっては対処できないカードをピンポイントで墓地送りにできることが最大の魅力。また大半の妨害用カードを落とせるので、フィニッシャー戦場に出す際やコンボの始動時などの安全確認にも力を発揮する。

エターナル環境には、1マナの手札破壊に他に陰謀団式療法/Cabal Therapy思考囲い/Thoughtseizeコジレックの審問/Inquisition of Kozilekがあるため、デッキの構成とメタによって使い分けられることとなる。当然、併用される事も多い。

  • 第7版で再録された当時は、同様に非常に強力な手札破壊の陰謀団式療法と抜群の相性を誇り、これらを4枚ずつ投入したデッキは「8デュレス」などと呼ばれた。その後、ローウィンで思考囲いが登場し、「12デュレス」が可能となっている(この3種類が併用される事は少ないが)。
  • ゴブリン相手だと、手札がクリーチャーと土地だけということが多く、効果が薄い。
  • クリーチャーを捨てられないのは欠点であるが、十二足獣/Dodecapod日を浴びるルートワラ/Basking Rootwallaを捨てないで済む点では嬉しい。しかし手札を覗いたときに見かけると動くに動けなくなったりすることも。
  • 同じ手札破壊カードに脅迫状/Blackmailがあるが、こちらは「強迫」でなく「脅迫」。意味もそこまで離れてはいないが、「脅迫」はおどすこと、「強迫」は無理強いすることである。混同しないように注意したい。
  • ディヴァインvsデモニックSteven Belledinによる新規イラストで収録された。このイラストは、基本セット2010再録でも使われている。

関連カード

1マナで特定のタイプカードを捨てさせる呪文。

参考

MOBILE