願い爪のタリスマン/Wishclaw Talisman

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
7行: 7行:
 
[[スタンダード]]では、相手に渡ったこれでサーチをさせない[[夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render]]や[[大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator]]、相手に渡った後に[[バウンス]]してもう1度自分がサーチできる[[時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler]]といった[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]が同居しているのが追い風。[[モダン]]以下でも併用が考えられる。
 
[[スタンダード]]では、相手に渡ったこれでサーチをさせない[[夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render]]や[[大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator]]、相手に渡った後に[[バウンス]]してもう1度自分がサーチできる[[時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler]]といった[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]が同居しているのが追い風。[[モダン]]以下でも併用が考えられる。
  
願い[[カウンター (目印)|カウンター]]が無くなってもコントロールは移動する。通常はそのまま[[置物]]になってゲームには関わらなくなってしまうので、対戦終了後は[[オーナー]]のデッキに戻すのを忘れないようにしよう。また、対戦相手側はカウンターが残っているうちに[[増殖]]などの手段でカウンターを増やせば2回目の使用を狙える。
+
*願い[[カウンター (目印)|カウンター]]がなくなってもコントロールは移動する。通常はそのまま[[置物]]になってゲームには関わらなくなってしまうので、対戦終了後は[[オーナー]]のデッキに戻すのを忘れないようにしよう。また、対戦相手側はカウンターが残っているうちに[[増殖]]などの手段でカウンターを増やせば2回目の使用を狙える。
 
+
*モチーフは、複数の童話に登場する「3つの願い事」と思われる。特に萎びた手を持つ{{Gatherer|id=473072}}から、直接のモチーフは[[Wikipedia:ja:W・W・ジェイコブズ|W・W・ジェイコブズ]]の小説『[[Wikipedia:ja:猿の手|猿の手]]』だろう。願いの代わりに高い代償を要求する猿の手のミイラを主題とした、「3つの願い事」のおとぎ話の暗いパロディである。
{{未評価|エルドレインの王権}}
+
*元ネタはイギリスの小説家W・W・ジェイコブズによる短編小説「[[Wikipedia:ja:猿の手|猿の手]]」。願いの代わりに高い代償を要求するアーティファクトを主題とした、「みっつの願い事を叶えてくれる」伝統的なおとぎ話の暗いパロディである。
+
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:エルドレインの王権]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:エルドレインの王権]] - [[レア]]

2019年10月2日 (水) 06:41時点における版


Wishclaw Talisman / 願い爪のタリスマン (1)(黒)
アーティファクト

願い爪のタリスマンは、願い(wish)カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
(1),(T),願い爪のタリスマンから願いカウンターを1個取り除く:あなたのライブラリーからカード1枚を探し、それをあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。対戦相手1人は願い爪のタリスマンのコントロールを得る。この能力は、あなたのターンの間にのみ起動できる。


使用者の願いを叶えてくれるアーティファクト。計3マナで任意のカードサーチできるが、そのままでは対戦相手コントロールが渡ってしまう。

破壊されやすいアーティファクトとはいえ、数ある悪魔の教示者/Demonic Tutorの亜種の中でもかなり軽い部類で、使用制限もなく直接手札に加わるので強力。コントロール移動というペナルティこそあるが、除去バウンスの手段があれば相手に使わせないことは容易。そもそも起動したターンに勝負を決められるのなら全く問題はない。また仮に相手の手に渡ってしまっても、相手からしてみれば使うことで再びコントロールが移動し、とどめとなるコンボパーツ等をサーチされる恐れもあるのでおいそれとは起動できないだろう。

スタンダードでは、相手に渡ったこれでサーチをさせない夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator、相手に渡った後にバウンスしてもう1度自分がサーチできる時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Ravelerといったプレインズウォーカーが同居しているのが追い風。モダン以下でも併用が考えられる。

  • 願いカウンターがなくなってもコントロールは移動する。通常はそのまま置物になってゲームには関わらなくなってしまうので、対戦終了後はオーナーのデッキに戻すのを忘れないようにしよう。また、対戦相手側はカウンターが残っているうちに増殖などの手段でカウンターを増やせば2回目の使用を狙える。
  • モチーフは、複数の童話に登場する「3つの願い事」と思われる。特に萎びた手を持つイラストから、直接のモチーフはW・W・ジェイコブズの小説『猿の手』だろう。願いの代わりに高い代償を要求する猿の手のミイラを主題とした、「3つの願い事」のおとぎ話の暗いパロディである。

参考

MOBILE