Gauntlet of Might

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
 
(11人の利用者による、間の16版が非表示)
1行: 1行:
 
{{#card:Gauntlet of Might}}
 
{{#card:Gauntlet of Might}}
  
[[赤]]単なら絶大な効果を発揮する。相手も[[]]いとちょっと困るけど。
+
[[赤]][[クリーチャー]][[全体強化]]し、[[]]が生み出す[[マナ]]を倍にする[[アーティファクト]][[赤単色デッキ|赤単]]なら絶大な効果を発揮する。ただし、[[対戦相手]]も恩恵を授かる可能性もある。
ただ、[[カード・プール]]が広がるにつれ、赤にとって重い[[修整]]を与える[[カード]]は必要なく、また[[マナ加速]]も必要とされない[[デッキ]]が多くなったため、次第に使われなくなった。
+
  
 +
ただ、[[カード・プール]]が広がるにつれ、赤にとって[[重い]][[修整]]を与える[[カード]]は必要なく、また[[マナ加速]]も必要としない[[デッキ]]が多くなったため、次第に使われなくなった。
  
[[サイクル]]として各色に存在するのではない。なぜか赤にのみ作られた。
+
[[タイプ1]](現[[ヴィンテージ]])において、1994/01/25に[[制限カード]]に指定されるものの、1994/05/01に制限が解除されている。
  
*[[Chaos Moon]]が条件付でこのカードと同じ効果を発揮する。
+
==関連カード==
*色を修正すると[[ミラーリの目覚め/Mirari's Wake]]になる。
+
 
*リメイクすると[[魔力の篭手/Gauntlet of Power]]
+
*[[Chaos Moon]] - 赤の4マナの[[エンチャント]]。条件付きでこのカードと同じ効果を発揮する。([[アイスエイジ]])
 +
*[[ミラーリの目覚め/Mirari's Wake]] - [[緑白]]の5マナのエンチャント。[[色]]を問わず、恩恵は自分のみ。([[ジャッジメント]])
 +
*[[魔力の篭手/Gauntlet of Power]] - 5マナ。色を選べる。([[時のらせん]])
 +
*[[かごの中の太陽/Caged Sun]] - 6マナ。色を選べ、恩恵は自分のみ。([[新たなるファイレクシア]])
  
 
==参考==
 
==参考==
*[[http://www.wizards.com/default.asp?x=mtgcom/feature/253|The Top 50 Artifacts of All Time]]第49位([[WotC]]、文:[[Zvi Mowshowitz]]、英語)
+
*[[The Top 50 Artifacts of All Time]] 第49位 [[WotC]]、文:[[Zvi Mowshowitz]]
*[[カード個別評価:アンリミテッド(2nd)]]
+
*[[再録禁止カード一覧]]([[再録禁止カード]])
 +
*[[カード名百科事典#篭手|Gauntlet]]([[カード名百科事典]])
 +
*[[カード個別評価:アンリミテッド・エディション]] - [[レア]]
 +
*[[カード個別評価:Masters Edition 4]] - [[レア]]
 +
 
 +
[[Category:リミテッド・エディションの再録禁止カード]]

2018年8月2日 (木) 23:54時点における最新版


Gauntlet of Might (4)
アーティファクト

赤のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
山(Mountain)がマナを引き出す目的でタップされるたび、それのコントローラーは追加の(赤)を加える。


クリーチャー全体強化し、が生み出すマナを倍にするアーティファクト赤単なら絶大な効果を発揮する。ただし、対戦相手も恩恵を授かる可能性もある。

ただ、カード・プールが広がるにつれ、赤にとって重い修整を与えるカードは必要なく、またマナ加速も必要としないデッキが多くなったため、次第に使われなくなった。

タイプ1(現ヴィンテージ)において、1994/01/25に制限カードに指定されるものの、1994/05/01に制限が解除されている。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

MOBILE