エンチャント・タイプ

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
3行: 3行:
 
{{#card:Pacifism}}
 
{{#card:Pacifism}}
 
{{#card:Honden of Seeing Winds}}
 
{{#card:Honden of Seeing Winds}}
{{#card:Curse of Thirst}}
+
{{#card:History of Benalia}}
  
 
==エンチャント・タイプ一覧==
 
==エンチャント・タイプ一覧==
12行: 12行:
 
*[[英雄譚]](Saga)
 
*[[英雄譚]](Saga)
 
*[[祭殿]](Shrine)
 
*[[祭殿]](Shrine)
 +
 +
これらのうち、[[オーラ]]と[[英雄譚]]には特別な[[ルール]]が定められている。
  
 
==その他のルール==
 
==その他のルール==

2020年2月13日 (木) 18:01時点における最新版

エンチャント・タイプ/Enchantment Typeとは、エンチャントが持ちうるサブタイプのこと。


Pacifism / 平和な心 (1)(白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーでは攻撃もブロックもできない。



Honden of Seeing Winds / 風見の本殿 (4)(青)
伝説のエンチャント — 祭殿(Shrine)

あなたのアップキープの開始時に、あなたがコントロールする祭殿(Shrine)1つにつきカードを1枚引く。



History of Benalia / ベナリア史 (1)(白)(白)
エンチャント — 英雄譚(Saga)

(この英雄譚(Saga)が出た際とあなたのドロー・ステップの後に、伝承(lore)カウンターを1個加える。IIIの後に、生け贄に捧げる。)
I,II ― 警戒を持つ白の2/2の騎士(Knight)クリーチャー・トークンを1体生成する。
III ― ターン終了時まで、あなたがコントロールしている騎士は+2/+1の修整を受ける。


[編集] エンチャント・タイプ一覧

これらのうち、オーラ英雄譚には特別なルールが定められている。

[編集] その他のルール

[編集] 参考

引用:総合ルール 20200417.1

MOBILE