スタンダード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

スタンダード/Standardとは、公式フォーマットの1つ。構築フォーマットの1つとして分類されている。

目次

[編集] 解説

使用可能なセットは直近2年に発売された5~8つの基本セットまたはエキスパンション、秋のエキスパンション発売(9~10月頃)に合わせて1年ごとにローテーションし使用可能セットが入れ替わる。

禁止カードは存在するが、制限カードは存在しない。

  • 1997年1月1日からスタンダードにおいて制限カードは廃止され、当時の制限カードは全て禁止カードとなった。
  • 禁止カード指定は明示的に解除されなかったとしても、ローテーション落ちの時点で解除される。
  • WotCの裁量により、基本セットとエキスパンションの他、ウェルカム・デッキなど一部の初心者向け構築済みデッキもスタンダード使用可能扱いの場合もある。当該構築済みデッキは、リリース翌年秋に発売されるエキスパンションが発売された同時にスタンダードから落ちる。

[編集] 環境の特色

最近のセットのみで構築できるため新規参入がしやすく、また最も多くの認定イベントに採用されているフォーマットである為、プレイ人口も多い。一方競技マジックでも、最も多くのプロツアーの構築部門に採用されているフォーマットであり、競技マジックでは一番重要なフォーマットといえる。

  • カード・プールの狭さから、新たなセットの影響を強く受けやすい。特にローテーション時には環境がガラリと変わり多様さと新鮮さが保たれている。
  • プレイヤーの多さからカードの需要が変動しやすく、参入の敷居の低さとは裏腹に、勝っていくためには現在のメタや次のメタを読み取りデッキをチューンする能力が必要とされる。したがって良くも悪くも競技志向の強いフォーマットとも言える。
    • 先述の通りメタが変遷しやすい環境であるため、このフォーマットでプレイし続けるためにはカードを入手し続けることが避けられず、ある程度の資金が必要である。ただしカードの流通量が多いため、他環境と比べれば初期参入コストは安い傾向がある。
  • 近年では、運営側がゲーム時間の長期化を嫌ってか、カウンターの大きな弱体化により、純粋なパーミッションが組まれることが比較的少なくなってきている。逆にクリーチャーの質は年々著しく上昇しており、殴り合いが増加。それを対策したコントロールデッキ、コントロールに強いクロック・パーミッション…といったメタ形成となる傾向がある。

[編集] 呼称

スタン」と略して呼ばれることも多い。

  • 古い呼び方であるが、どのセットでも使えるフォーマットのタイプ1(現ヴィンテージ)に対して、使えるセットが限定された「第2のフォーマット」としてタイプ2と呼ばれることもあった。(略称はT2。)
  • タイプ2という呼称は、あくまで単なる俗称である。公式にタイプ2とされていた時期はない。

[編集] 変遷

新規のプレイヤーと初期からのプレイヤーでカード資産の差がついてしまう問題を解決するため、「新しめのセット限定」として考え出されたのがスタンダードである。

  • 1995年1月1日に、公式に制定された。この時の使用可能セットはリバイズド・エディションザ・ダークフォールン・エンパイアの3セットのみ。その後アイスエイジが発売されてからは1つの基本セットと3つのエキスパンションから構成された。
    • 初期の一時期、デッキを作るとき、「フォーマットで使えるカードセットすべてから最低5枚ずつ入れる必要がある」というルールがあった。
  • 1997年7月1日からは、1つの基本セットと2つのブロックから構成する形式となった。新基本セットが参入するたびに直前の基本セットが落ち(2年に1回)、新ブロックの第一セットが参入するたびに現行のブロックの内で最も古いブロックが落ちるようになった(1年に1回)。
  • 2009年基本セット2010)からは、ローテーションの制度は変更されていないが、基本セットの発売間隔が1年に1回に変わった。
  • 2010年基本セット2011)からは、1~2つの基本セットと2つのブロックから構成する形式となった。新基本セットが参入しても直前の基本セットは落ちず、新ブロックが参入するたびに古い方の基本セットと最古のブロックが同時に落ちるようになった。
  • 2015年から、3つのブロックから構成する形式となった。同時に、マジック・オリジンを最後に基本セットは(一度)廃止されるとともに、1ブロックは2セットで構成されるようになった。これに伴い、2016年春からローテーションも半年に1度に変更された。
  • 半年に1度のローテーションは「スタンダードについて行くのが大変だ」と多くのプレイヤーから不評だったため、2017年から、春のローテーションが廃止され、使用可能なセットが3つのブロック(5~6セット)から4つのブロック(5~8セット)に拡張された。(参考1/翻訳1)(参考2/翻訳2)。

[編集] 現在の使用可能カードセット

2018年7月13日現在、以下のセットに含まれるカード(プレインズウォーカーデッキBOX特典カードなどブースターパックには封入されない番外カード含み)が使用可能である。

[編集] スタンダードにおいて例外的な扱いカード

  • 使用可能なセットのブースターパックに収録されている、使用可能なセットに含まれていないMasterpiece Seriesの再録カードは、同名のカードでない限りスタンダードでは使用できない。
  • 2017年4月から2018年6月までのマジック初心者体験会などイベントに配布されたウェルカム・デッキ2017の限定カードは、スタンダード使用可能カードとして扱われる。ローテーションにおいてアモンケットと同期間使用することができる。
  • 中国国内開催イベントに限り、Global Series: Jiang Yanggu & Mu Yanlingに含まれるカードはスタンダード使用可能として扱われる。ローテーションにおいてドミナリアと同期間使用することができる。

[編集] 禁止カード

[編集] 主なデッキ・その他

スタンダードの変遷を参照

[編集] 関連リンク

[編集] Standard Week

WotCの公式ウェブマガジン『Daily MTG』では、2012年8月6日から10日にかけて「Standard Week(スタンダード特集)」として、各連載記事でスタンダードに関する特集が組まれた。以下は各コーナーの特集記事。

[編集] 参考

MOBILE