カード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マジックにおけるカード/Cardとは、表と裏がマジックのカードになっているものを指す。大きく以下の2種類に分けられる。

  1. 縦3.5インチ(8.8cm)、横2.5インチ(6.3cm)程の大きさであるマジックのカード。これを「定形のマジックのカード/Traditional Magic Card」と言う。
  2. 1のカードより大きいサイズで、裏面の異なる特殊なマジックのカード。これを「定形外のマジックのカード/Nontraditional Magic Card」と言う。

トークンはルール上、カードとして扱わない。たとえそれを指し示すためにトークン・カードや他のゲームのカードを用いていてもである。呪文コピーも同様にカードではない。

  • 定形外のマジックのカードが統率領域以外の領域に存在する状態でゲームを開始することはできない。ゲーム内に持ち込む効果がある場合、その効果は発生せず、そのカードはゲームの外部にあり続ける。
  • 呪文や能力の中で「カード」と書かれていた場合、それは戦場スタック以外の領域にあるカードのことを指す。パーマネント呪文を含まない。
  • プロモーション・カードの中にはフルアートと呼ばれカード全面に絵が描かれており、中にはルール文章が省略されているものまである。それらのカードもフォーマットで使用可能なら認定大会で問題なく使うことができるし、ジャッジにルール文章を確認することもできる。カジュアルならGatherer等の用意をしておくといいだろう。

[編集] 一般的なレイアウト

カード名マナ・コスト




タイプ行 特殊タイプカード・タイプサブタイプシンボル
文章欄 ルール文章

フレイバー・テキスト

コレクター番号 稀少度 P/T
セット略号・言語 絵の著作権表記 著作権表記

基本セット2015からのレイアウト。レア神話レアプロモーション・カードの場合、文書欄下の中央にホロが入る。

注目のストーリーカードは、コレクター番号の右に「注目のストーリーX/5」、権利表記の上にストーリーページのURL(mtgstory.com)が入る。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

MOBILE