イーオス/Eos

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

イーオス/Eosアラーラ/Alaraの地名。

目次

[編集] 解説

バント/Bant五国家の一つ。アクラサ/Akrasaトーパ/Topaと併せて内陸三国といわれる。国土は内陸のサバンナであるがレオトー/Leotauの他に、沿岸のジェス/Jhessヴァレロン/Valeronのように馬に騎乗する者の姿が見られる。

イーオスを拠点とするオリーブの枝騎士団/The Olive Branchは平和を乱す諸問題を洗い出し、バント各国の調停を行うことを目的としている。

小説Alara Unbrokenでは、イーオスと以下の2人のキャラクターとの関わりが語られている。

[編集] 対外関係

バントの他四国との関係

  • ジェス/Jhess
    • ジェスとの関係は言及されていないものの、イーオスとヴァレロンが同盟関係にあることを考慮すると、順風満帆とはいえないだろう。
  • ヴァレロン/Valeron
    • ヴァレロンはイーオスの同盟国であるが、これは名目上の関係である。イーオス人とヴァレロン人に特別通じるものがあるというわけではなく、両国ともにトーパと論争を起こしているという点が共通しているに過ぎない。
  • アクラサ/Akrasa
    • イーオスとアクラサの関係は言及されていない。
  • トーパ/Topa
    • イーオスの統治者は古文書の記述を元にトーパにあるいくつかの重要な水場の領有権を主張しているが、トーパ側はこの主張を頑として受け入れていない。オリーブの枝騎士団による調停の努力も空しく、両国の論争は続いている。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

アラーラの断片
イーオスの騎士長/Knight-Captain of Eosイーオスのレインジャー/Ranger of Eos

[編集] フレイバー・テキストに登場

コンフラックス
浮浪する耕し獣/Vagrant Plowbeasts

[編集] 登場記事・作品

[編集] 訳語

「The Olive Branch, a knightly order」はマナバーン2009で「オリーブの枝騎士団」と訳されている。

[編集] その他

マナバーン2009のイーオスの解説記事はA Planeswalker's Guide to Alaraからの要約であるが、内容には誤りが含まれている。

  • 「トーパが存在を否定する古代文書による統治がなされ」 - 原文ではancient documents(古代文書)はトーパの水場の領有権を主張する根拠でしかない。

[編集] 参考

MOBILE