カジュアルプレイヤー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

カジュアルプレイヤー(Casual Player)は、その名の通りカジュアルプレイゲームを主にプレイしているプレイヤーのこと。広義には「非トーナメントプレイヤー」という意味で使われ、初心者やトーナメントにあまり出ないプレイヤーがこう呼ばれる。

一般的には、真剣勝負を好むトーナメントプレイヤーに対して、仲間内での気軽なゲームを好むプレイヤー、というようなニュアンスで使われる言葉。勝ち負けよりもゲームを通して仲間とコミュニケーションしたり、自分の好みのカードやコンボを使う事に重点を置くため、ファンデッキを使用したり、コモン単やハイランダーなどのハウスルールで遊んだりしている人もたくさんいる。

注意したいのは、トーナメントプレイヤーではないから勝ち負けに拘らない、などといった意味では決して無い。たとえばブラフ1つを取っても、勝つためのブラフと、自分や相手を楽しませるためのブラフがある。後者のブラフを使ったり、トーナメントレベルでは無いデッキを使ったりしても、それ以外は完璧なプレイングを心がける、というスタンスも、やはりカジュアルだと言える。トーナメントプレイヤーとは、どちらがどうと言う物でも無く、人それぞれの楽しみ方がある、という事なのだ。

一部の心無いプレイヤーが「大会で勝てないからコピーデッキに文句を言うプレイヤー」といった侮辱的なニュアンスで用いる事もある。

カジュアルプレイヤーの中にはフォーマットを決めていない、または制限カード禁止カードを考慮しないデッキを使う場合もあるが、ゲームバランスが崩壊する原因となり、やはり楽しみにくくなる。そのため、カジュアルプレイであっても最低限フォーマットを決めてプレイするのが一般的である。2サイクルなどの非公式フォーマットを使用することもある。なんでもありのルールの場合は一般にトーナメント用ではないので問題は無いが、トーナメントプレイヤーとゲームを行うする場合は互いの立場に配慮が必要であろう。カジュアルプレイの項も参照。

[編集] 参考

MOBILE