ファイレクシアの槽母/Phyrexian Vatmother

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Phyrexian Vatmother / ファイレクシアの槽母 (2)(黒)(黒)
クリーチャー — ホラー(Horror)

感染(このクリーチャーは、クリーチャーに-1/-1カウンターの形でダメージを与え、プレイヤーに毒(poison)カウンターの形でダメージを与える。)
あなたのアップキープの開始時に、あなたは毒カウンターを1個得る。

4/5

4マナ4/5とマナレシオが良い代わりに、コントローラーアップキープ・ステップごとに毒カウンターを得させる感染クリーチャー。歴代のスーサイドクリーチャーを彷彿とさせ、ペナルティ能力を見る限りJuzam Djinnに特に近い。

ターン毒カウンターが刻まれるが、それで敗北するには10ターンの猶予があるのでそれまでに対戦相手を倒してしまえば問題はない。さすがに複数体並べるとその分危険性が上がるが、感染持ちのクリーチャーの中ではタフネスが高く、化膿獣/Putrefaxと違い奇襲性が低い分、制圧力はそれなりに高い。

しかし、感染デッキ相手には大きなデメリットになるほか、スタンダードでは通常のデッキでも墨蛾の生息地/Inkmoth Nexusを採用していたり増殖を用いていたりする場合が多々あるので使用には注意が必要。

リミテッドでは対戦相手のデッキによって使い分けたい。

[編集] 参考

MOBILE