ラディックス/the Radix

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ラディックス/the Radixとはミラディン/Mirrodin絡み森/The Tangleの一地帯。

かつては円形のフィールドにルーン文字の刻まれた聖地であった。(参考 )

The Darksteel Eyeの物語の最後、グリッサ/Glissaはここでカルドラと対峙、彼女に呼応するようにの太陽がミラディンの核より出現し、第五の夜明けが訪れた。

その後ミラディンの傷跡の時代には、一帯には青々とした奇妙な新芽が育ち、地表に空いた緑の大空洞/Lacunaを取り囲むように、シルヴォク/Sylvok達によってアレニーズの供犠台/Araneas Altar と呼ばれる聖堂が建設された。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

MOBILE