骨溜め/Bonehoard

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bonehoard / 骨溜め (4)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

生体武器(この装備品(Equipment)が戦場に出たとき、黒の0/0の細菌(Germ)クリーチャー・トークンを1体生成し、その後これをそれにつける。)
装備しているクリーチャーは+X/+Xの修整を受ける。Xはすべての墓地にあるクリーチャー・カードの数である。
装備(2)


ルアゴイフ/Lhurgoyfっぽい生体武器装備品外骨格の鎧/Exoskeletal Armorといえなくもない。

装備品でありながら、墓地肥えていれば単体でフィニッシャーになれるほどの性能を持つ。また装備品自体が後続のクリーチャーにつけ直して強化するなどビートダウン向けのシステムであり、効果と非常に噛み合っている。

この手の能力をもつカードは、墓地がある程度肥えてから出すことで死ににくくするのが常であるが、これは装備品であり効果の割に装備コストが低いので、墓地が肥える前からさっさと出してしまっても問題ない。生体武器自体は4マナのアーティファクト・クリーチャーと考えれば、墓地にクリーチャー・カードが3枚ほどある時点で十分元は取れる。

リミテッドではこれ一枚で勝負が決まるほどの強力カード。また、プラス修整を与える装備品の常で、感染持ちとの相性もよい。

[編集] 参考

MOBILE