Mirrored Lotus

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mirrored Lotus (0)
アーティファクト

Reflect(0)(これが戦場に出るに際し、各対戦相手は(0)を支払ってもよい。そうしたとき、それらのプレイヤーは、この能力を持たないことを除きこれのコピーであるトークンを1つ生成する。)
(T),Mirrored Lotusを追放する:望む色のマナ3点を加える。
[テストカード - 構築では使用できない。]


戦場に出るに際し、各対戦相手コピーをプレゼントする羽目になるBlack Lotus。地味に起動コスト生け贄から追放になっている。待機コストの代わりにReflectがついた睡蓮の花/Lotus Bloomとも。

Reflect能力を対戦相手が使うことは任意であるものの、コストも必要ないのでまず間違いなく使われることになるだろう。対戦相手側も好きな色のマナ3点を出せてしまうというのはやはり問題であり、たとえば取り消し/Cancel唱えるコストはこのアーティファクトひとつで工面できてしまう。

未評価カードです
このカード「Mirrored Lotus」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] 参考

MOBILE