アーティファクト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アーティファクト/Artifactは、カード・タイプの1つ。いわゆる「魔法の道具」や「機械」のこと。多くは「魔力で精錬された道具」や「古代の失われた技術によって創られた機械」としてデザインされている。


Black Lotus (0)
アーティファクト

(T),Black Lotusを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ3点を加える。



Obsianus Golem / 黒曜石のゴーレム (6)
アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

4/6


Darksteel Citadel / ダークスティールの城塞
アーティファクト 土地

破壊不能
(T):(◇)を加える。


目次

[編集] 解説

優先権を持つプレイヤーは、自分のメイン・フェイズで、スタックが空の間、アーティファクト・カード手札から唱えることができる。アーティファクト呪文解決される時、そのコントローラーは、それを自分のコントロール下で戦場に出す

アーティファクトは、基本的にマナ・コスト色マナを持たないため無色である。そのため、どんなデッキにも入れることができ、他の色と被るような特徴を持つものは少し弱めに作られている傾向がある。

アーティファクトであることと無色であることとに関連はない。アーティファクトが、なんらかの効果により色を持つこともあるが、それでも依然としてそれはアーティファクトである。また、サルコマイトのマイア/Sarcomite Myrのように、マナ・コストに色マナを持つアーティファクトも存在する。その場合、アーティファクトは色マナと同じ色を持つ。これらは有色アーティファクトと呼ばれる。詳細は有色アーティファクトの項を参照。

アーティファクトのサブタイプのことをアーティファクト・タイプという。

[編集] 他のカード・タイプを併せ持つアーティファクト

詳細は各項を参照のこと。

アーティファクト・クリーチャー
アーティファクト・土地
アーティファクト・エンチャント

[編集] 色の役割との関連

アーティファクトは知識や文明の象徴であり、にとっては利用するものである。一方、自然物を好み人工物を嫌うにとっては、帰化/Naturalizeに代表されるように、破壊すべきものである。

はその中間の態度を取る。赤は秩序の象徴として破壊する一方で、「鍛冶」「製鉄」のイメージからアーティファクトを直接戦場に出したり、アーティファクトをコストとして生け贄に捧げるカードが多い。は破壊する一方、墓地からの回収など再利用に長ける色でもある。特に「規律ある兵士」を構成する装備品の有効活用が得意。

色の役割の項も参照。

[編集] その他

[編集] 過去のルール

[編集] 関連用語

[編集] 参考

  1. A Scary Card Frame StoryDaily MTG 2003年10月31日)
  2. Storm Scale: Kaladesh and Amonkhet/ストーム値:『カラデシュ』と『アモンケット』Making Magic 2019年3月26日 Mark Rosewater著)
  3. Core Than Meets the Eye/目に見えるよりもっと『基本』(Making Magic 2019年6月24日 Mark Rosewater著)

引用:総合ルール 20191004.0

MOBILE