Trial and Error

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Trial and Error (赤)(赤)
Elemental インスタント — Fire

Trial and Errorが打ち消されるか立ち消えするたび、あなたはそれをコピーするとともにそれの新しい対象を選んでもよい。
クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。Trial and Errorはそれに3点のダメージを与える。
[テストカード - 構築では使用できない。]


稲妻/Lightning Bolt赤マナ1点増えたら、打ち消される立ち消えするとコピーを生成するようになったインスタント。何度失敗しても、成功するまで再挑戦してくれる。

実質打ち消されない火力であり、特に生け贄に捧げる起動コスト明滅対応して呪禁などの除去耐性付与でスカされることを恐れずにクリーチャーを狙っていくことができるため、除去としての性能が大きく向上している。

例えば、従来ならば火力で狙うだけ損になる桜族の長老/Sakura-Tribe Elderなどに対し、むしろ積極的に狙うという選択肢が生まれている。また、これを唱える→対戦相手が対応する→さらに対応して別の除去を唱える、という通常ならアドバンテージ損になりがちな場面でも、コピーで別の対象を改めて狙うことができるため無駄にならない。

一方、破壊不能再生タフネス修整ダメージ軽減など、打ち消す以外での抜け道も残されている。またそもそも対象にできない(または対応されてできなくなってしまった)ものはいくら再挑戦しようが除去できないので、必ずしも万能ではないことは頭に入れておくべき。

様々な利点がありつつも、単純にダブルシンボルとはいえ2マナ3点とコスト・パフォーマンスを持っているのも優秀。お遊び・おふざけ要素より、純粋に強力なメカニズムの実験と言った趣のカード。

[編集] 脚注

  1. Mystery Booster Release Notes(Daily MTG 2019年11月11日)
  2. Starting Over/やり直し(Making Magic 2015年1月26日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

MOBILE