Underdark Beholder

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Underdark Beholder (4)(黒)(黒)
クリーチャー — Beholder

Underdark Beholderはそれの上にeyestalkカウンターが10個置かれた状態で戦場に出る。
Underdark Beholderにダメージが与えられるなら、代わりにそれの上から同じ数のeyestalkカウンターを取り除く。そうできないなら、それを生け贄に捧げる。
Underdark Beholderが攻撃するたび、あなたのライブラリーの一番上のカードを、Underdark Beholderの上に置かれているeyestalkカウンターの数よりも小さい点数で見たマナ・コストを持ちインスタントかソーサリーかエンチャントであるカードが公開されるまで公開する。あなたはそれをそれのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。あなたのライブラリーを切り直す。
[テストカード - 構築では使用できない。]

6/6


未評価カードです
このカード「Underdark Beholder」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。
  • Beholderとはダンジョンズ&ドラゴンズに登場するオリジナルのモンスター。球型の胴体に大きな1つ目と口があり、先端に小さな目のついた触手が頭頂に10本ほど生えている。
    • eyestalkとは眼柄(先端に目のついた突起)を意味する。ダメージ与えられる場合代わりにeyestalkカウンターを取り除く能力は、攻撃を受けると本体がダメージを受ける代わりに触手が破壊されることを表しているのだろう。

[編集] 参考

MOBILE