インプ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

インプ/Impは、クリーチャー・タイプの1つ。翼の生えた小鬼や小悪魔の一種。


Skittering Skirge / 走り回るスカージ (黒)(黒)
クリーチャー — インプ(Imp)

飛行
あなたがクリーチャー呪文を唱えたとき、走り回るスカージを生け贄に捧げる。

3/2


Vault Skirge / 大霊堂のスカージ (1)(黒/Φ)
アーティファクト クリーチャー — インプ(Imp)

((黒/Φ)は(黒)でも2点のライフでも支払うことができる。)
飛行
絆魂(このクリーチャーがダメージを与える場合、さらにあなたは同じ点数のライフを得る。)

1/1


Blim, Comedic Genius / 喜劇の天才、ブリム (2)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — インプ(Imp)

飛行
喜劇の天才、ブリムがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたがコントロールしているパーマネント1つを対象とする。そのプレイヤーはそれのコントロールを得る。その後、各プレイヤーはそれぞれ、自分がコントロールしているがオーナーではないパーマネントの総数に等しい点数のライフを失い、それに等しい枚数のカードを捨てる。

4/3

初出はリミテッド・エディションNettling Imp。だが第4版で入れ替わった沼インプ/Bog Imp第9版まで常連であり、こちらの方が元祖インプというイメージが強い。

ほとんどがであり、にも少数存在する。のインプは存在しない。

タイプ的な特徴としてその殆どが小型飛行クリーチャーである事が挙げられる。古いカードでは攻撃強制能力を持つものもおり、インプのあざけり/Imps' Tauntといった呪文もある。

部族カードデーモンデビルと兼用で、名演撃、ラクドス/Rakdos, the Showstopperが存在する。

伝説のインプは統率者レジェンズ現在、喜劇の天才、ブリム/Blim, Comedic Geniusのみ。

[編集] ストーリー

インプとはヨーロッパに伝わる小鬼や小悪魔の一種。時代によっては小柄でいたずら好きな妖精と見なされていたりもするが、マジックにおけるインプは後年の子鬼としてのイメージを汲み取り、より動物的に描かれていることが多い。

スカージ/Skirge
ファイレクシア/Phyrexiaに生息するインプ。新ファイレクシア/New Phyrexiaでもゲス/Gethによって大霊堂のスカージ/Vault Skirgeが創り出された。

[編集] 参考

MOBILE