カルロフ/Karlov

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

カルロフ/Karlov統率者2015のキャラクター。カードとしては統率者2015の幽霊議員カルロフ/Karlov of the Ghost Councilが初出。

目次

[編集] 解説

ラヴニカ/Ravnicaギルド/Guildの1つ、オルゾフ組/The Orzhov Syndicateを統べる幽霊議員オブゼダート/The Obzedatの一員。男性。でっぷりと肥えた体形(イラスト)。テイサ・カルロフ/Teysa Karlovの祖父に当たる。

死すらも彼から富と権力と強欲さを奪うことはできなかった。彼はオブゼダート内での自身の地位が生み出す影響力の、どんな小さな一欠片にも貪欲に執着している。

[編集] 経歴

[編集] 一族の値打ち/Family Values

オブゼダート打倒計画の決行予定日の前日、自室で物思いに耽るテイサの前に、突如壁を通り抜けてカルロフが現れた。テイサの抗議を気にも留めず、彼はテイサに「家族からの助言」を与えた。曰く、自惚れた行動にかまけないこと、そして自分の血筋を考えること。

翌日、テイサはタージク/Tajicとともにオブゼダートの部屋/The Obzedat's Chamberに侵入し、不正な取引の証拠となる帳簿を法魔術/Law magicを用いて差し押さえようとした。だが、帳簿はまるで床の一部と化したかのようにびくともしなかった。何らかの古い魔法により、この部屋ではギルドパクト/Guildpactの効力が発揮されないのだとテイサが気づいたとき、その場にカルロフが現れた。

カルロフは非難の表情を作り、恩着せがましい溜息の仕草をして、テイサに失望を告げた。彼はオブゼダートを部屋に招集すると、タージクを捕らえ、本来その権利を有するはずのアゾリウス評議会/The Azorius Senateに代わり、テイサから弁護士/Advokistの地位を剥奪した。この部屋では法ではなく、オブゼダートが絶対なのだ。テイサは自分がこの部屋にまんまと誘い込まれたのだと知った。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

統率者2015
幽霊議員カルロフ/Karlov of the Ghost Council
ラヴニカのギルド
刎頸の友/Sworn Companions

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

MOBILE