サーシ/Sursi

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

サーシ/Sursiリミテッド・エディションメサ・ペガサス/Mesa Pegasusフレイバー・テキスト初出の地名。

目次

[編集] 解説

エローナ/Aerona東部の地域にある平地/Plainsとそこにある村のこと。北・西・南はErg Mirab(ミラブ砂丘)に囲まれ、東はヴォーダ海/Voda Seaに面している。海のすぐ向こうにはキシュ/Kish島、その先にはオネイア/Oneahシャノーディン/Shanodinなどがある小大陸が存在する。

サーシの村(village of Sursi)近くには、伝説に名高いメサ・ペガサス/Mesa Pegasusの繁殖地であるメサ/mesaがある。村の女性は結婚前にメサ・ペガサスの土地を訪れなければならない。伝説によると、その女性が純真な心を持ち、その愛が真実ならば、メサ・ペガサスが姿を現し、彼女の家族に長寿と幸運の祝福を与えるという。また、村の近くにはセラ/Serraとその天使を讃えるCathedral of Serra(セラの大聖堂)が建てられている。

ドミナリア/Dominaria唯一の、ウルグローサ/Ulgrothaに通じるポータル/Portalがある。村近くにある深い湖の冷たい水の中、三つの立石(menhir stone。古代の石柱遺跡)が門の形に積み重ねられている。霧月/Mistmoonが満月の晩、大地が雪に覆われているならば、この門はウルグローサのKoskun Mountains(コスカン山脈)へと通じるポータルとして働く。ドミナリアを襲う度重なる最終戦争(apocalypses)を経た現在(AR46世紀時点)、この門は既に失われているという。

荒廃したAR46世紀にはペガサスに跨る騎士、サーシの騎士/Knight of Sursiが存在。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] 登場作品

[編集] 登場記事

[編集] 訳語

「Sursi」はメサ・ペガサス/Mesa Pegasusフレイバー・テキストで「サーシ」と訳されている。 未来予知サーシの騎士/Knight of Sursiカード名でも踏襲。

[編集] 参考

MOBILE