ゾンビ使い/Zombie Master

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Zombie Master / ゾンビ使い (1)(黒)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie)

他のゾンビ(Zombie)・クリーチャーは沼渡りを持つ。(それらは、防御プレイヤーが沼(Swamp)をコントロールしているかぎりブロックされない。)
他のゾンビは「(黒):このパーマネントを再生する。」を持つ。

2/3

元祖ロードの1つで、これはゾンビを支援する。数少ないP/Tに修整を与えないタイプのロードである。

P/T強化がない分、単体のマナレシオは悪くない。また、並んだゾンビ全てに再生が付く能力も馬鹿にはできない。

とはいえ、P/T強化がなく複数体並べても無意味という欠点はやはり大きく、ロードとしてあまり愛されることはなかった。その使い勝手の悪さはプレーンシフトで新たなロードのアンデッドの王/Lord of the Undeadが作られるきっかけとなった(参考/邦訳)。アンデッドの王が登場した後はお役御免となり、第7版基本セット落ち。

  • リミテッド・エディションのロードで唯一P/T強化がない理由は定かではないが、他のロードが「仲間を鼓舞する指導者」であるのに対し、ゾンビ使いは「手下を自在に使役する者」といったフレイバーを表しているのかもしれない。あるいは、当時のゾンビがマーフォークゴブリンより一回り大きかったためのバランス調整か。
  • リミテッド・エディション当時、ゾンビはスケイズ・ゾンビ/Scathe Zombiesだけだったため、ザ・ダークDrownedが登場するまでスケイズ・ゾンビ専用のロードであった(ただしDrownedは再生持ち)。Drownedの次の仲間はアイスエイジまで待たなくてはいけなかった。
  • 初出時のクリーチャー・タイプロードであったが、2007年9月サブタイプ変更でゾンビに変更された(ロードは銀枠を除き廃止)。この変更に伴い、能力を与える範囲が「他のゾンビ」と自身に反映されないようになった。ゾンビ使いが複数体いるのならば、もちろん両方とも能力を得る。

[編集] 参考

MOBILE