ヴァンガード戦

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ヴァンガード戦/Vanguardは、総合ルールで定められているカジュアル変種ルールの一つ。

目次

[編集] 解説

ヴァンガード・カードという、定形外のマジックのカードを用いたフォーマットである。2人対戦でも多人数戦でもよい。

[編集] ルール

[編集] 構築ルール

プレイヤーは通常のデッキ構築ルールに則って構築したデッキ1つの他に、ヴァンガード・カードを1枚用意する。

[編集] ゲームルール

プレイヤーはゲーム開始前に、任意のヴァンガード・カードを1枚、統率領域表向きで置く。

ゲーム中はそれらのカードの能力、その他の特性がゲームに影響を及ぼす。手札補正子ライフ補正子によって、そのオーナーの手札初期枚数/最大枚数開始時のライフの総量はそれぞれ修整される。

  • 統率領域にあるヴァンガード・カードのオーナーコントローラーは、いずれもそのカードを統率領域に置いてゲームを開始したプレイヤーである。
  • ある意味で力線カードなどに近いといえる。ただし、ヴァンガード・カードは戦場になくパーマネントではないため、対象に取られたり破壊されたりすることはない。
  • 1枚を自分で選んで使うのが一般的だが、ランダムで選んで遊んでも面白い。
  • 統率領域が作られる前は、単に「戦場(当時の場)に出ているわけではない」などと言われていた。Magic Onlineでは、「Vanguard Zone(ヴァンガード領域)」が用意されていた。

[編集] その他

  • 公式ルールの訳語は2009年10月に総合ルールに記載された際はヴァンガードだったが、2012年7月の総合ルール更新の際、現在の訳に変更になった。英語では最初から変わらずVanguardである。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20191004.1

MOBILE