冥府からの誕生/Infernal Genesis

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Infernal Genesis / 冥府からの誕生 (4)(黒)(黒)
エンチャント

各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上のカードを1枚、墓地に置く。その後、そのプレイヤーは黒の1/1のミニオン(Minion)・クリーチャー・トークンをX体生成する。Xは、墓地に置かれたカードの点数で見たマナ・コストに等しい。


ターンライブラリーの一番上カードと引き替えにクリーチャートークンを生み出すエンチャント

ライブラリー操作に頼らず単体で使うにはトークンの数が不安定であり(土地などがめくれれば1体も得られない)、対戦相手にもトークンを与えてしまう。その上6マナ重く、ライブラリー操作と併用してコンボを作るにしてもうつろう爆発/Erratic Explosionなど他のカードに見劣りする。墓地利用とライブラリー操作を同時にこなせる逢魔が辻/Haunted Crossroadsのように、よほど噛み合ったカードと組み合わせないと厳しいだろう。

[編集] 参考

MOBILE