基本土地

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

基本土地/Basic Landとは、特殊タイプ基本」を持つ土地のこと。


Plains / 平地
基本土地 — 平地(Plains)

(白)



Snow-Covered Plains / 冠雪の平地
基本氷雪土地 — 平地(Plains)



Wastes / 荒地
基本土地

(T):(◇)を加える。


基本土地は4枚制限ルールの制約を受けないため、英語で同名のカードを5枚以上1つのデッキに入れてもよい。

基本土地タイプを持つかどうかは、基本土地かどうかとは無関係である。基本土地タイプを持たない基本土地が存在していてもよい(→荒地/Wastes)し、基本土地タイプを持つ基本でない土地が存在していてもよい(→デュアルランドなど)。

[編集] 基本土地一覧

現在、基本土地であるカードは以下の11種類。

[編集] その他

  • アングルードゼンディカーなど、いくつかのカード・セットにはカード全面にイラストが印刷された基本土地(フルアート基本土地)が収録されている(カード画像)。逆に全面が文章欄のフルテキスト基本土地も存在する(→Secret Lair Drop Series: The Full-Text Land)。
  • 神河物語エルドラージ覚醒など、いくつかのカード・セットの基本土地はコレクター番号順に並べると1枚のになる。
  • 以前は「基本地形」、第8版タイプ行でのみ「土地(基本地形)」と訳されていたが、第9版から現在の訳に変更された(ただし、それ以前から日本語版総合ルールでは変更されていた)。
  • 「基本地形/Basic Land」という表現が当たり前に使われる一方で、第8版より以前の基本土地カードのタイプ行には「土地/Land」とだけ表記され、特殊タイプの「基本」も、土地タイプの表記もなかった(画像)。ウルザランド砂漠/Desertに土地タイプが加えられたのも後年のことで、それまではルールによって「土地はカード名と同じ土地タイプを持つ」と定められていた。デュアルランドや棲み家のように特定の土地タイプを持つカードは、ルール文章にその旨が書かれていた。
  • 上記11種の他に、構築で使用できず総合ルールでもサポートされない基本土地としてBarry's Landがある。

[編集] デザインの変遷

かつての基本土地カードは通常のカードと同様に、文章欄マナ能力が記述されていた初心者向けセットのポータルシリーズで現在のようにマナ・シンボル大きく印刷されたデザインが登場し、第6版以降これが定着した[1]

  • 直感的に判りやすくなった反面、初心者にルールを勘違いさせる原因になるとして、現在でもこの変更の是非は議論されている[2]

[編集] 脚注

  1. Evolution of the Basic Land(Daily MTG 2015年10月6日)
  2. 過ぎ去りし日々(Making Magic 2014年5月12日)

[編集] 参考

MOBILE