希望の盗人/Thief of Hope

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thief of Hope / 希望の盗人 (2)(黒)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

あなたがスピリット(Spirit)か秘儀(Arcane)呪文を唱えるたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは1点のライフを失い、あなたは1点のライフを得る。
転生2(このクリーチャーが死亡したとき、あなたはあなたの墓地にある点数で見たマナ・コストが2以下のスピリット・カード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻してもよい。)

2/2

スピリットクラフトで1点ドレインを行うスピリット転生2も持つ。

スピリットクラフトを何度も誘発できるデッキを組めばそのの通りじわじわと相手の希望を盗んでいく。3マナ2/2とサイズも許容範囲で、転生まで持つやり手。

リミテッドではダメージレースを圧倒的に優位にするスピリットクラフトが非常に強力。転生の方は数字の小ささから神河ブロックでは転生で戻す強力な相方が少なく、無駄になることも少なくなかったが、モダンマスターズ2015では病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka名も無き転置/Nameless Inversionという2枚の強力な転生先を獲得し、さらに強力さが増している。

構築ではさすがに1点のドレインは地味で、転生も有効活用しにくいため当初は活躍は見られないと思われていたが、病に倒れたルサルカや脂火玉/Tallowispと組んだゴースト・ダッドの登場によりスタンダードにおいても日の目を見た。

[編集] 参考

MOBILE