サイズ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マジックの世界でサイズ(Size)は、主に「クリーチャーパワータフネスの大きさ」のことを指す。

クリーチャーはこのサイズによって大きく以下の3種類に分類される。

さらに、大型クリーチャーの上に「巨大クリーチャー」が設けられることもある。これは7/6以上が目安だろうか。

これらの分類は絶対的なものではなく、それぞれの主観や周辺影響によって大きく変わってくる。例えば、3/2を小型と中堅のどちらに分類するかは人によって意見が分かれるし、その環境におけるクリーチャーのサイズの平均値や使用される火力などの影響で、他の環境では十分に大型と呼べるサイズのクリーチャーが中堅クラスの印象になることもあるだろう。

またカード自体のマナ・コストにも印象が左右されやすい。例えば同じ4/4であっても、4マナ以下なら中堅、5マナ以上なら大型と呼ばれることが多い。同様に、3/3でも1マナならウィニーの範疇であるし、5マナ以上になってくると中堅とはあまり呼ばれない。

なお、クリーチャーのパワーとタフネスの差が極端に大きいときは上記の分類が適用されないことが多い。そういったクリーチャーはパワーが高いものは頭でっかち、タフネスが高いものは(または尻でっかち)などと呼ばれる。これらも上記の分類同様にどこからそう呼ぶかという明確な定義があるわけではないが、おおよそ「大きい方の値が3以上で、小さい方の値がその半分以下」が目安だろうか。

また蛇足であるが、当然ながらサイズはクリーチャー性能の絶対的な基準ではなく、マナレシオ能力、またデッキ全体の戦略との兼ね合いなども考慮すべきである。「大型なら大型なほどよい」というわけではない。

  • 同義語としてスタッツ/Statsがある。元はFPSなどのビデオゲーム界隈で用いられる用語で、国内外のDCG(デジタルカードゲーム)でも援用されるようになった。マジックにおいても公式記事[1][2]M:TG Arenaを扱ったファンサイトなどで用いられることがある。
    • 元はStatisticsの略で、「統計」の意。ゲーム用語としては「キャラクターの能力/戦績一覧」などとして用いられていたことから、転じて、日本のゲームでよく使われるステータス/Statusに近い用法に変化していった。

[編集] 参考

  1. Ask Wizards - January, 2002(Daily MTG 2002年1月) - 1月8日の回答
  2. 『モダンホライゾン』のメカニズム(Daily MTG 2019年5月31日) - Lvアップの項目
MOBILE