忘却/Forget

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Forget / 忘却 (青)(青)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚捨てる。その後そのプレイヤーは、これにより自分が捨てたカードと同じ枚数のカードを引く。


ホームランド出身の手札交換呪文。2枚を捨て、捨てた数と同じだけカード引く。これだけでは手札は増えないどころかこれを使った分減るため、単純な交換手段としてはちょっと質は悪い。ならば墓地肥やしとして使いたいところだが、登場当時のには墓地に置く事で有効活用できる強力なカードが少なかったため、他の(特にその手のカードに困らない)と組み合わせて使うことになるが、その場合ダブルシンボルがネックとなる。

オデッセイ・ブロックが登場すると青にも墓地利用を行う強力なカードが増えたが、そのころにはこのカードローテーションによりスタンダード落ちしていた上、入念な研究/Careful Studyというより効率の良いカードが登場。向こうは引いた後で捨てる(最も墓地に落としたい2枚を捨てられる)上に、何より1マナコモンである。さらに後の世に登場した発掘を活用する場合には、捨てる→引くのほうが良い場合があるのも確かではあるが、1マナと2マナの違いはあまりにも大きく、さすがにその程度では差は埋まらないだろう。

  • さらに後年のアヴァシンの帰還以降、この捨てて引く能力は赤へと移行した。中でも野生の勘/Wild Guessは忘却に近いが、こちらもコモンである上1枚捨てて2枚引く、とその効率は大きく改善されている。

入念な研究と違って自分以外にも使用できるので、対戦相手への悪影響を期待して使用することもでできる。例えば強力な手札2枚を抱えている相手に撃つと嫌がらせになるだろう。またライブラリー破壊として使ったり、偏頭痛/Megrim盗用/Plagiarize脳髄の渦/Cerebral Vortexなどと併用するシナジーも考えられる。ただしその場合、捨てるカードを対戦相手自身が選び、引くのも対戦相手なので、手札が腐っている場合は支援にもなりかねない。後半腐ることが多い魔力の乱れ/Force Spikeのようなカードを捨てられて、確定カウンターを引かれたりしてはたまったものではないだろう。

こういった経緯から当時は典型的なカスレアとして扱われた。第5版第6版と続けて再録され、パックから引き当てたプレイヤーをガッカリさせていた。後世から見ると墓地肥やし手段として見れば決して弱いカードというわけではないのだが、登場するのが早すぎたようだ。

  • 捨てた枚数だけ引くので、解決の段階で手札が0枚なら捨てることができないため引くこともできず、まったくの無駄使いになる。同様に、手持ちが1枚だけでもあまりうれしくないだろう。
  • たまに「捨てるのは対戦相手で引くのは自分」という勘違いをされることがある。登場当時はこの効果で納得できない人も多かったようであるが、精神間引き/Mindcullingなどを見るまでもなくその効果で2マナはいくらなんでも軽すぎる

[編集] 参考

MOBILE