思考掃き/Thought Scour

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thought Scour / 思考掃き (青)
インスタント

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上から2枚のカードを自分の墓地に置く。
カードを1枚引く。


キャントリップ付きのライブラリー破壊or墓地肥やしインスタントライブラリー削れる効果を対戦相手に対して行うことも可能になった留意/Mental Noteと言える。

削るライブラリーは2枚と控えめだが、キャントリップによりカード・アドバンテージの損失がなく、1マナのインスタントであるためテンポも失いにくく使いやすい。墓地利用デッキとライブラリー破壊デッキ、双方で利用価値のあるカード

また小技として、教示者有毒の蘇生/Noxious Revivalなどでライブラリーの一番上に置かれたカードを叩き落としたり、逆に自分が思案/Ponderで溜まった不要なカードをどかしたり、といったことも可能。特にリミテッドでは、イニストラード・ブロックにちらほら見られる幻影の掌握/Grasp of Phantomsなどのライブラリーの一番上へのバウンスを事実上の除去に変えるテクニックを覚えておきたい。

スタンダードおよびイニストラード・ブロック構築では少しでもインスタントソーサリーの数を水増ししたいDelver-Go系のデッキにしばしば採用された。ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pikeムーアランドの憑依地/Moorland Haunt瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageなどシナジーを形成するカードも多い。

モダンではストームでの血清の幻視/Serum Visions手練/Sleight of Handに続く1マナドローという位置づけが多い。タルキール覇王譚以後は多くの有力探査呪文とのシナジーを前提にコントロールにも採用されるなど、活躍の機会が増えた。

パウパーでは思案に加えて定業/Preordainまで使えるため、当初はDelver-Go系デッキでもあまり使われなかったが、モダン同様有力探査呪文とのシナジーを考慮したデッキが登場し始めると留意と共にこれを採用されるデッキが増えた。

  • 基本的には留意の上位互換だが、プレイヤー対象に取るため時には立ち消えの危険もある。また、カードを引くのは必ず自分であるため、移し変え/Redirectによるライブラリーアウトに注意が必要となることもある。
  • ルール文章に書いてある順番通りに実行するので、自分を対象にした場合、まずライブラリーの上から1枚目と2枚目を墓地に置いて、3枚目を引くことになる。

[編集] 参考

MOBILE