断念/Abandon Hope

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Abandon Hope / 断念 (X)(1)(黒)
ソーサリー

この呪文を唱えるための追加コストとして、カードをX枚捨てる。
対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーの手札を見て、その中からカードをX枚選ぶ。そのプレイヤーはそれらのカードを捨てる。


精神錯乱/Mind Twist精神歪曲/Mind WarpなどのX手札破壊呪文の1つ。

精神歪曲と比べると2マナ軽くなった代償は、「自分の手札をX枚先に捨てる」とでかい。打ち消された場合のリスクが大きく、しかも枚数的にアドバンテージを得られない。トーナメントレベルでは使われる事は少なかった。

後に最後の儀式/Last Ritesという似たようなコンセプトのカードも登場している。こちらは土地を選べないものの、自分の手札を捨てるタイミング、(2)(B)で一定のコストなど、だいぶ使いやすく改良されている。

  • この時代にも、罠の橋/Ensnaring Bridge呪われた巻物/Cursed Scrollなど、自分の手札が少ないことに意義のあるカードはあったのだが、それらのカードは別にこの手の呪文でサポートせずとも単体で強かった。
  • 全てのカードをアルファベット順に並べたとき、_____以外で一番最初に来るカード。

[編集] 参考

MOBILE