模範操縦士、デパラ/Depala, Pilot Exemplar

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Depala, Pilot Exemplar / 模範操縦士、デパラ (1)(赤)(白)
伝説のクリーチャー — ドワーフ(Dwarf) 操縦士(Pilot)

あなたがコントロールする他のドワーフ(Dwarf)は+1/+1の修整を受ける。
あなたがコントロールする各機体(Vehicle)はそれぞれ、それがクリーチャーであるかぎり+1/+1の修整を受ける。
模範操縦士、デパラがタップ状態になるたび、あなたは(X)を支払ってもよい。そうしたなら、あなたのライブラリーの一番上からカードをX枚公開し、その中からすべてのドワーフ・カードと機体カードをあなたの手札に加え、その後残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

3/3

初のドワーフロードであり、機体のロードでもある伝説のクリーチャー

3マナ3/3という悪くないマナレシオとロード能力により、ドワーフや機体を採用したデッキでは攻防に渡って活躍する。機体の搭乗能力がパワーを参照することから、パワー強化にも単なるクロック上昇以上の意味合いがある。ドワーフと機体を手札に加える能力もハンド・アドバンテージマナフラッド対策、継戦能力など様々な点で有用であり、総じて優秀なクリーチャーである。

スタンダードでは赤白機体で使われる。各種機体はもちろん、模範的な造り手/Toolcraft Exemplar経験豊富な操縦者/Veteran Motoristといったドワーフとのシナジーも強力。ただし3マナ域は他にも選択肢が多く、採用を見送られることも珍しくない。

[編集] ストーリー

デパラ/Depalaカラデシュ/Kaladeshの都市ギラプール/Ghirapurに住むドワーフ操縦士。少数精鋭の飛空士組合、競烏会/The Derby Crowsに所属し、ギラプールのトップレーサーとして活躍している。

詳細はデパラ/Depalaを参照。

[編集] 参考

MOBILE