次元の浄化/Planar Cleansing

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Planar Cleansing / 次元の浄化 (3)(白)(白)(白)
ソーサリー

土地でないパーマネントをすべて破壊する。


神の怒り/Wrath of Godと入れ替わりで基本セットに登場したリセットボタン。神の怒りと比べ、再生を許すが、土地でないパーマネントエンチャントプレインズウォーカーアーティファクト)を根こそぎ破壊できるのは大きな魅力。

しかしその分、6マナトリプルシンボルと、点数で見たマナ・コスト/色拘束の両面で重くなっている。ウィニーが状況を仕切り直すのに使ったり、コントロールデッキビートダウン相手に優位を保つために使ったりするには厳しい。土地が残ることを活かし、ミシュラランドを主軸に据えたデッキで使ったりすると面白い。

ラヴニカへの回帰ブロック参入後のスタンダードで、至高の評決/Supreme Verdictに次ぐ5枚目以降の全体除去として、エスパーコントロールに採用されることがあった。

基本セット2020再録後のスタンダードでは、創案の火/Fires of Invention願いのフェイ/Fae of Wishesの登場に伴って、色拘束や腐るリスクを一切回避して扱えるウィッシュボード要員として採用されるようになった。自分の創案の火も吹き飛ばしてしまう問題はあるが、瞬間的にはプレイ回数制限を解除できるメリットともなりうる。ただし、世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the Worldでクリーチャー化した土地を破壊できないことには注意が必要。

[編集] 参考

MOBILE