秘儀の聖域/Arcane Sanctum

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Arcane Sanctum / 秘儀の聖域
土地

秘儀の聖域はタップ状態で戦場に出る。
(T):(白)か(青)か(黒)を加える。


アラーラの断片で登場した多色地形で、エスパーカラーの1枚。

構築では、エスパービートダウン5色残酷コントロールなどで活躍。さらに青マナの必要がない白黒トークンにおいても、対抗色タップインデュアルランド感覚で4枚積みされていた。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アラーラの断片の、各断片/Shardに存在する3タップイントライランドサイクル

いわゆるタップインデュアルランド上位互換である。また、対抗色2色を出せるタップインデュアルランドとも考えられ、その意味では初のカード群である。

タップインという制約がついているが、それを差し引いても何のペナルティもなしに3色のマナを生み出せるマナ能力は破格。公式サイトでのアラーラの断片プレビューでも、レビュアー達から感嘆の声が上がったほど。多くのフォーマットで使っていける性能である。

タップ状態で戦場に出るため、1ターン目、2ターン目の動きを重要視するビートダウンデッキにはタップインがブレーキとなってしまうため、そのままでは入れ辛いが、逆に比較的スピードの遅いコントロールデッキなどと相性がよい。そのため青マナがらみの土地は他のものより若干有用性が高い。

[編集] 参考

MOBILE