絆魂/Lifelink

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lifelink / 絆魂 (白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは絆魂を持つ。(このクリーチャーがダメージを与える場合、さらにそのコントローラーは同じ点数のライフを得る。)


魂の絆/Spirit Linkの亜種である、クリーチャー絆魂を与えるオーラカード名キーワード能力の「絆魂/Lifelink」と全く同じ。

基本セット2010における絆魂のルール変更にあわせて作られたカードである。対戦相手のクリーチャーにエンチャントして無力化させる使い方はできなくなったが、ルール的にはわかりやすいので基本セット向きと言えるだろう。

カードパワーはそこまで高くはないものの、1マナにして大きなライフ・アドバンテージを稼ぎうるカードとして魂の絆/Spirit Linkともども一定の需要がある。モダンなどでは重複可能な魂の絆能力であることから魂の絆が優先されるが、実は魂の絆はアンコモンであるためパウパーではこちらの出番となる。

  • 魂の絆をエンチャントすることで回復するのは、魂の絆のコントローラー。一方、こちらはクリーチャーのコントローラーが回復する。

[編集] 参考

MOBILE