自我破摧/Fractured Identity

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fractured Identity / 自我破摧 (3)(白)(青)
ソーサリー

土地でないパーマネント1つを対象とし、それを追放する。それのコントローラーでない各プレイヤーは、それのコピーであるトークンをそれぞれ1つ生成する。


パーマネント追放コピートークン生成を同時に行うソーサリー

2人対戦ではコントロール奪取に近い性能。オーラによるコントロール奪取と異なり奪い返される心配が無く、土地以外と対象が広いため、押収/Confiscateと比べても遜色ない使い勝手と言える。トークン生成故にETB能力などを再利用できるという利点もある一方、追加で乗せられたカウンターつけられたオーラをそのまま利用する事はできなくなっている。

多人数戦では他のプレイヤーにも恩恵があるものの、逆に言えばこれを使ってもヘイトが上がることはほとんどないので、最も優位なプレイヤーを蹴落とすために使うのが良いだろう。双頭巨人戦など、チームメイトがいる場合ならアドバンテージの獲得に繋がる。

  • 「破摧(はさい)」とは、砕き壊すこと。「破砕」や「摧破」と同義語。

[編集] 参考

MOBILE