血のやりとり/Barter in Blood

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Barter in Blood / 血のやりとり (2)(黒)(黒)
ソーサリー

各プレイヤーは、クリーチャーを2体生け贄に捧げる。


2倍無垢の血/Innocent Blood

基本的に1対1交換が限界だった無垢の血と違い、これ1枚でカード・アドバンテージを取れる可能性があるためか、点数で見たマナ・コストは無垢の血の4倍とかなり増えている。もちろん、お互いに2体ずつ生け贄に捧げた場合はアドバンテージの損失が出るため、使いどころに注意が必要。

ミラディン初出時には、デスクラウドなどの黒コントロールで主力除去として使われることも多かった。対白ウィニー戦では、対応して急報/Raise the Alarmが天敵。

アヴァシンの帰還再録された際には、ジャンドミッドレンジなどのサイドボードに採用されることがある。呪禁など単体除去耐性のあるクリーチャーが蔓延する環境なので有用性は高いが、同エキスパンション鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Heronsは天敵。

[編集] 参考

MOBILE