貪欲なる悪魔/Ravenous Demon

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ravenous Demon / 貪欲なる悪魔 (3)(黒)(黒)
クリーチャー — デーモン(Demon)

人間(Human)を1体生け贄に捧げる:貪欲なる悪魔を変身させる。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。

4/4
Archdemon of Greed / 強欲の大悪魔
〔黒〕 クリーチャー — デーモン(Demon)

飛行、トランプル
あなたのアップキープの開始時に、人間(Human)を1体生け贄に捧げる。そうできない場合、強欲の大悪魔をタップし、それはあなたに9点のダメージを与える。

9/9

人間生け贄によって、強大な奈落の王/Lord of the Pitへと変身するデーモン

特に生け贄を用意しなくても、とりあえずは5マナ4/4。優秀とはいえないが、それなりに仕事はしてくれる。

いざ変身すれば、圧倒的な破壊力の大悪魔になるが、その代わりペナルティ能力も半端ではない。奈落の王に比べて、「人間以外受け付けない」「捧げられなかったらタップ状態になってしまう」とかなりワガママ。特にタップ状態になるのが厄介で、奈落の王のように支払いを無視して強引に使うことができないのが厳しい。

召喚酔いが解けてから変身し攻撃できるため、維持費の支払いよりも先に攻撃ができるのは利点。極端な話、その一撃で勝利できてしまえば、維持費は必要ないのである。その点の挙動は奈落のしもべ/Liege of the Pitに近いとも言える。

問題は、イニストラード・ブロックは人間が少ないこと。リミテッドにしろ構築にしろ、黒を中心にしつつ人間の数を確保するのは結構難しい。人間トークン狼男第1面などを利用したり、あるいはいっそ投げ飛ばし/Flingしたりしてしまうのも手か。

  • 奈落の王およびその亜種のお約束通り「条件を満たしているクリーチャーがいるのに生け贄に捧げない」ことを選ぶことはできない。強欲の大悪魔の場合、クリーチャー・タイプの制限がある代わり「他の」の一文がないため、何かの効果で強欲の大悪魔自身が条件に引っかかった場合、生け贄に捧げる必要がある。
    • 異種移植/Xenograftとは相性がいい。「人間」を指定すれば、すべてのクリーチャーが生け贄要員になれるし、邪魔になったら強欲の大悪魔自身を生け贄にして始末できる。
  • プレリリース・トーナメントにてプレリリース・カードとして配布された(画像)。

[編集] 参考

MOBILE