轟く怒り/Thunderous Wrath

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thunderous Wrath / 轟く怒り (4)(赤)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。轟く怒りはそれに5点のダメージを与える。
奇跡(赤)(あなたがこのカードを引いたとき、これがこのターンに最初に引いたカードだった場合、あなたはこれの奇跡コストを支払うことでこれを唱えてもよい。)


アンコモン奇跡は5点火力

奇跡で唱えた場合は1マナ5点、稲妻/Lightning Boltをはるかに凌駕する効率は破格の一言。一方で生撃ちでは6マナと重いX火力と同等程度ではあり、威力相応なコスト設定とはいえ、スライステロイドにしろバーンにしろあまり使いたいとは思えない性能。やはり奇跡を目当てに採用したいところ。

赤にもドローが増えてきたとはいえ、赤だけでは意識して奇跡を満たしていくのは難しいので、能動的に奇跡を狙うならの力を借りたい。思案/Ponder有毒の蘇生/Noxious Revivalなどと組み合わせればかなりお手軽に奇跡を満たせるだろう。ただし使い捨ての呪文とのコンボ前提ならば「カードを2枚使って5点火力」となるわけで、ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade火葬/Incinerate2連発と効率的には大差ない。また奇跡の性質上、唱えるタイミングが限定されがちなので、応用の幅も狭めである。これの奇跡狙いのためだけにコンボを仕込むなら、素直に他の火力を優先したほうが便利な場面が多い。

もともとライブラリー操作が得意なデッキに採用するか、もしくはある程度以上のマナが生み出せるデッキや手札腐ったカード捨てるなどで有効活用できるデッキに入れて「たまたまトップデッキして奇跡で使えればラッキー、ダメなら生撃ちするなり捨てるなりすればいいや」ぐらいの心構えで使うのが無難。あるいはフルバーンに4枚突っ込み、初手に来てしまったら手札で腐るのも覚悟の上で使っていくというのも豪快でいいかもしれない。

リミテッドでは奇跡を無視しても5点もの火力は心強い。危険な天使デーモン除去できるとありがたいし、膠着状態の決め手にもなる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アヴァシンの帰還の、奇跡を持つアンコモン呪文サイクルを除く4に1枚ずつ存在する。

[編集] 参考

MOBILE