高橋優太

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

高橋 優太(たかはし ゆうた)は、新潟県燕市出身、東京在住のプロプレイヤー。Card Rush Pros所属。元Hareruya Pros所属。

目次

[編集] 概要

「関東第3世代」の一人。「あんちゃん」の名で親しまれる。その負けず嫌いな姿勢から、川崎大輔は「不屈のストイシズム」と称している。

小学生の時に友人たちが第5版を教室の片隅で遊んでいたのに惹かれてマジックを始め、皆がマジックに飽きる中で自分は店舗大会に出るなど熱中した[1]。中学時代に通っていたカードショップ「おもちゃのファミリア」は毎週末の大会に当時30人以上が集まる規模で、高橋はその中で揉まれていた[1]

大学時代にグランプリ新潟05に出場したのがグランプリ初出場で、この時は10位を記録[1]

プロツアーサンディエゴ07山本賢太郎と組んで準優勝という成績を残し、一躍ブレイク。その後も日本選手権07でベスト8に入り、プロツアー世界選手権でも安定した成績を残す。

グランプリ静岡08グランプリ神戸08と続けて優勝を果たし、国内大会二連覇という日本人初の偉業を果たす。ただ、これを機に専業プレイヤーになろうと思ったわけではなく、「もうちょっと、やれるところまでやりたいな」というのを10年続けていた[1]

2015年1月にHareruya Prosに加入した。その後晴れる屋成田店店長も兼任していたが、業務時間までもマジックの練習に当てたいということで、2018年8月末に退社、同時にHareruya Prosも脱退した。「『晴れる屋』時代はコミュニケーション能力の低い自分が店舗責任者を任されて精神的に成長できた」という趣旨のことを後に語っている[1]

2020年プレイヤーズツアー名古屋20に入賞し、ライバルズ・リーグ20に参加。ライバルズ・リーグ20-21では好成績を重ね、マジック・プロリーグ21-22の席と世界選手権21の出場権を得た。その世界選手権ではブースター・ドラフトで3連敗を喫するも、そこからスタンダードで7連勝し日曜日に進出。決勝ラウンドでも勝利を重ね、世界王者の称号を手に入れた。

けちコントロールピクルスなど、繊細なプレイングを要求されるデッキを好んで使用する。青黒フェアリーなど、青黒系のデッキを特に好む[2]。フェアリーを使いこなすことから「フェアリーの王者」とも呼ばれた[1]

また、プロプレイヤーとしては珍しく、レガシーヴィンテージなどのいわゆる「下環境」にも造詣が深い[3]パウパーについても詳しく、晴れる屋在籍時には「日本パウパー協会会長」も名乗っていた[4]

  • その負けず嫌いな姿勢ゆえに過剰に熱くなる一面もあり、それが祟ってマナー上の問題を数々引き起こしている。
    • 日本選手権11では、不利な状況に使用しているカードを握りつぶすという「非紳士的行為」を起こしている。(ゲームの進行とは無関係に戦場の土地を手札に戻し)投了が成立した後に、それを撤回してゲームを再開するという「イカサマ」行為とあわせ失格処分を受けている[5][6]
    • 試合中の独り言が多く、観戦記事にもしばし、つぶやきやぼやきが書かれている[7]
  • その造詣の深さを活かし、日本語公式サイトでは「高橋優太の「このデッキを使え!」」とその後続「高橋優太の「このフォーマットを極めろ!」」のコーナーを連載していたが、後者は上記の失格により日本選手権11の後連載が休止し、そのまま終了となった[8][9]

[編集] 主な戦績

[編集] プレイヤーズツアー

[編集] プロツアー

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 『マナバーン2021』(ホビージャパン、2020年12月21日初版)p.46 ISBN 9784798623849
  2. クイックインタビュー:Q4:日本人は青好きか否か?
  3. 『マナバーン2021』(ホビージャパン、2020年12月21日初版)p.7 ISBN 9784798623849
  4. Hreruya_Narita twitter
  5. お知らせ:プレイヤーに対する失格処分について
  6. 日本選手権で失格処分を受けたこと
  7. 準決勝:高橋 優太(東京) vs. 原根 健太(愛知)
  8. 日本選手権での失格裁定にかかる、当サイトの対応について
  9. 休止中の連載記事の終了につきまして

[編集] 参考

MOBILE