プレイヤーズツアー名古屋20

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プレイヤーズツアー名古屋20/Players Tour Nagoya 2020は、2020年に日本で開催された、パイオニアブースター・ドラフトプレイヤーズツアー。初となるプレイヤーズツアーの一つ。

目次

[編集] 概要

パイオニア部門の初日使用率では、テーロス還魂記からタッサの神託者/Thassa's Oracleを獲得したことで成立したインバーター・コンボが19.2%で首位となり、以下黒単アグロ(13.5%)、5色ニヴ=ミゼット(10.9%)、アゾリウス・コントロール(7.3%)、スピリット(同左)、青赤魂込め(6.7%)と続いた[1]。2日目開始時点の使用率ではインバーター・コンボが28.8%にまで躍進し[2]、最終的にTop8に5人を送り込む活躍を見せた。

決勝ラウンドには実績ある8人のプレイヤーが集結。特にMusashiを前身とする調整チームは8人中4人を占めるに至った。その中の一人でありバント・スピリットを使用する原根健太は、準々決勝で八十岡翔太、準決勝で石村信太朗、決勝で行弘賢と3連続で同じ調整チームの相手を破り、見事アジア太平洋のプレイヤーズツアー初代王者の座に輝いた。また行弘賢も、地雷デッキスラムオーラで準優勝の結果を残した。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] 脚注

  1. プレイヤーズツアー・名古屋2020 1日目メタゲームブレイクダウン ~開拓者たちの選択~(EVENT COVERAGE 2020年2月1日 小山和志著)
  2. プレイヤーズツアー・名古屋2020 2日目メタゲームブレイクダウン ~選択の結果。34%を越えて~(EVENT COVERAGE 2020年2月2日 小山和志著)
  3. Travel Precautions for Players Tour Series 1 Events(MAGIC ESPORTS 2020年1月29日 Wizards of the Coast著)

[編集] 参考

MOBILE