Call to Arms

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Call to Arms (1)(白)
エンチャント

Call to Armsが戦場に出るに際し、色を1色と対戦相手を1人選ぶ。
選ばれたプレイヤーがコントロールするトークンでないパーマネントの中で、選ばれた色が一番多い色であり、一番多い色と同じ数でもないかぎり、白のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
選ばれたプレイヤーがコントロールするトークンでないパーマネントの中で、選ばれた色が一番多い色ではなくなるか、一番多い色と同じ数になったとき、Call to Armsを生け贄に捧げる。


Jihadのリメイク版といえるエンチャント十字軍/CrusadeとJihadをあわせてバランスをとったような性能になっている。

対戦相手コントロールするカードの状態によって、勝手に壊れてしまう可能性があるのが大きなデメリット。単色デッキ相手ならともかく、2色以上の色の相手では案外維持できない。

それでも軽量な全体強化には変わりなく、リスクを覚悟の上で5枚目以降の十字軍として採用されるケースもあった。

  • 2002年3月頃のオラクル更新で誘発条件が「選ばれたプレイヤーがコントロールするパーマネントの中で、選ばれた色が一番多い色ではなくなったとき」に変更され、選んだ色と他の色が同数で一番多い場合には誘発しないようになっていた(なお、他の一番多い色を参照するカードと違い「最も多い色の1つ(is tied for most common)」とは明確化されていなかった)が、印刷時のテキストに合わせるため、2009年9月4日のオラクル更新で「一番多い色と同じ数でもない」という条件が追加され、一番多い唯一の色である場合にのみ維持できるように戻された。また、2000年2月頃のオラクル更新でなくなった全体強化の条件も同日のオラクル更新で元に戻された。
  • のちに上位互換清浄の名誉/Honor of the Pureが登場した。そちらは対戦相手の色の状態を考える必要がなく、自分のクリーチャーにのみ影響を与える。

[編集] 参考

MOBILE