Mystic Remora

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mystic Remora (青)
エンチャント

累加アップキープ(1)(あなたのアップキープの開始時に、このパーマネントの上に経年(age)カウンターを1個置く。その後あなたがこの上に置かれている経年カウンター1個につきアップキープ・コストを1回支払わないかぎり、それを生け贄に捧げる。)
対戦相手1人がクリーチャー呪文でない呪文を唱えるたび、そのプレイヤーが(4)を支払わないかぎり、あなたはカードを1枚引いてもよい。


対戦相手呪文キャストに制限をつけるエンチャント。対戦相手がクリーチャーでない呪文を唱えた際にこちらがカードを1枚引ける。一応4マナ支払えば回避できるが、現実的にはかなり難しい。

累加アップキープ持ちなので長期的維持は困難だが、1マナのエンチャントとしては十分すぎるほどの牽制力を期待できる。強力なドロー手段の少なかった登場時には、「ほとんど維持せず使い捨て、1枚引ければ御の字」で出すのも悪くない手だった。

現在はヴィンテージで見かけるカードである。クリーチャーが少なく、1ターンの間に呪文を連打する傾向のあるヴィンテージではなかなかのドロー効率を誇る。当然ながらMoxにも誘発するので先攻1ターン目に張られるとかなり痛い。

  • 炎の編み込み/Braid of Fireを使うと半永久的に維持できる。
  • 対戦相手が呪文を唱えた時点で誘発するため、その後にその呪文を打ち消すことも可能。
    • 第5版以前のルールから相対的に有利になった項目。以前は「呪文をかけるのに成功したとき(打ち消されずに効果が出ることが決まった時点)」にドローだったので、打ち消された場合はドローは行えなかった。
  • Remoraという英単語には、「障害物、妨害」という意味と「コバンザメ」という2つの意味がある。このカードが(クリーチャーではなく)エンチャントという面から見ると前者のイメージっぽいが、イラストにはコバンザメが描かれている。ダブルミーニングを地でいく、アメリカンジョークである。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

MOBILE