マナ・コスト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ・コスト/Mana Costは、カードの右上に記されている、マナ・シンボルによって示されるコスト。そのカードを呪文として唱えるために支払うべきマナの量や種類を表す。

目次

[編集] ルール

カードを唱えるときは、そのカードのマナ・コストに含まれるすべてのマナ・シンボルについて、それが表すコストを正しく支払わなければならない。

オブジェクトは、カードの枠によって示されてはいるが、ルール上はマナ・コストに含まれるマナ・シンボルの色によって決められる。

土地トークン裏向きのカード、常在精神/Evermindなど、マナ・コストを持たないオブジェクトも存在する(マナ・コストの無いカード)。

  • オブジェクトがマナ・コストを持たない場合、存在しないマナ・コストは支払えないので、通常はそのオブジェクトを呪文として唱えることはできない。
    • 土地はマナ・コストを持たないが、土地をプレイすることは呪文を唱えることとは別なので問題ない。あくまで「呪文として唱える」ことができないだけである。

[編集] 点数で見たマナ・コスト

マナ・コストに含まれるマナの量を、マナのなどを考えずに単に合算した値を点数で見たマナ・コスト/Converted Mana Costと呼ぶ。CMCとも略され、GathererAdvanced Searchでも使われている。

あるオブジェクトのマナ・コスト、および点数で見たマナ・コストはマナ・コストにXを含まない限りカードごとに不変である代替コストを使って唱えたり総コストが増減しても、そのオブジェクトの点数で見たマナ・コストが変化することはない。

  • マナ・コストに(X)が含まれる場合、スタック以外の領域戦場墓地など)ではX=0として扱われる。スタック上にある場合、それを唱える際に決定した値が代入される。
    • (X)(赤)のマナ・コストを持つ猛火/Blazeのスタック以外の領域での点数で見たマナ・コストは常に1である。猛火をX=2で唱えた場合、スタック上でのマナ・コストは(2)()となり点数で見たマナ・コストは3である。
    • (X)(X)のマナ・コストを持つ大蛇の孵卵器/Orochi Hatcheryのスタック以外の領域での点数で見たマナ・コストは常に0である。大蛇の孵卵器をX=3で唱えた場合、スタック上でのマナ・コストは(3)(3)となり点数で見たマナ・コストは6である。
      • X=3で唱えて戦場に出したからといって、戦場にあるときのマナ・コストが6にはならないことに注意。スタック以外の領域では常にX=0として扱われる。
  • トークン土地など、マナ・コストを持たないオブジェクトの点数で見たマナ・コストは0として扱われる。
    • 例外として、コピーでない両面カード第2面の点数で見たマナ・コストは第1面と同じである。またコピーでない合体している合体カードの点数で見たマナ・コストは第1面の2枚のカードの点数で見たマナ・コストの合計である。両面カードおよび合体カードの各項も参照のこと。
    • トークンの場合でも、マナ・コストを持ったパーマネントのコピー・トークンであればマナ・コストを持っている(コピー可能な値)。その場合は通常どおりに点数で見たマナ・コストが計算される。
  • 分割カードの点数で見たマナ・コストは以下のように計算される。詳細な解説は分割カードを参照。
    1. スタック上では、唱えられている側の点数で見たマナ・コストのみを参照する。融合で唱えた場合は両半分の合計と扱う。
    2. スタック以外の領域では、両半分の合計と扱う。
  • マナ・コストに混成マナ・シンボルを含むオブジェクトの点数で見たマナ・コストは、各混成マナ・シンボルのもっとも大きい値を取って計算する。例えば、(白/青)であれば1、(2/白)であれば2として計算する。
  • ファイレクシア・マナ・シンボルをマナ・コストに含むオブジェクトの点数で見たマナ・コストは、ファイレクシア・マナ・シンボルを1として計算する。

[編集] その他

  • 未来予知タイムシフトカードは特殊なカード枠を持ち、マナ・コストがイラストの左側に書かれている(カード画像)。
  • 他のカードのマナ・コストを参照するカードは点数で見たマナ・コストを見るものがほとんどだが、氷の洞窟/Ice Cave精霊の共鳴/Elemental Resonance瀬戸際からの帰還/Back from the Brinkなど、点数ではなくマナ・シンボルまで含めたマナ・コストを参照するカードも存在する。
  • 点数で見たマナ・コストがN点のカードのことを指して、
    1. 公式サイトなどの英語圏では「N-mana card」(ハイフンは省略可)と呼称する。
    2. 日本語でも同様に通例「Nマナのカード、Nマナ・カード」などと呼ぶ。
    • 例えば、1マナなら「1マナ・カード」となる。
  • 英語圏では「N-drop」という表記もされる(1マナのカードならば「one-drop」、2マナなら「two-drop」というように)。
  • 第5版までのルールでは、点数で見たマナ・コストは「総呪文コスト」と呼ばれていた。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20191004.0

MOBILE