イニストラード

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(概要)
18行: 18行:
 
新たなシステムは[[トレーディングカードゲーム]]の基本原則を覆す[[両面カード]]。[[狂喜]]、[[覇権]]などに続く[[デュエル・マスターズ]]から逆輸入されたシステムである。
 
新たなシステムは[[トレーディングカードゲーム]]の基本原則を覆す[[両面カード]]。[[狂喜]]、[[覇権]]などに続く[[デュエル・マスターズ]]から逆輸入されたシステムである。
  
新[[能力語]]は[[陰鬱]]、新[[キーワード処理]]は[[格闘]](を行う)。また新[[エンチャント・タイプ]]として[[呪い]]が登場。[[キーワード能力]]では[[フラッシュバック]]が再登場している。
+
新[[能力語]]は[[陰鬱]]、新[[キーワード処理]]は[[格闘]](を行う)と[[変身]](させる)。また新[[エンチャント・タイプ]]として[[呪い]]が登場。[[キーワード能力]]では[[フラッシュバック]]が再登場している。
  
 
主要5種族とその特徴は以下の通り。
 
主要5種族とその特徴は以下の通り。

2011年9月27日 (火) 01:13時点における版

イニストラード/Innistrad
シンボル {{{シンボル}}}
略号 ISD
コードネーム Shake
発売日 2011年9月30日
セット枚数 全264種類

イニストラード/Innistradは、イニストラード・ブロックの大型エキスパンション

目次

概要

ゴシックホラーをモチーフとした次元/Planeイニストラード/Innistradが舞台。大テーマである「ホラー」を表現するために墓地をテーマとして用いており、墓地に注目したカードが数多く収録されている。

モンスターの代表格である吸血鬼狼男ゾンビ(フランケンシュタインの怪物系含む)・スピリット(幽霊)と、それらの犠牲となる人間の5つをメイン種族とし、それぞれに友好2色が割り振られている。一方でゴブリンエルフなどの常連種族は登場しない。

新たなシステムはトレーディングカードゲームの基本原則を覆す両面カード狂喜覇権などに続くデュエル・マスターズから逆輸入されたシステムである。

能力語陰鬱、新キーワード処理格闘(を行う)と変身(させる)。また新エンチャント・タイプとして呪いが登場。キーワード能力ではフラッシュバックが再登場している。

主要5種族とその特徴は以下の通り。

種族 主な 特徴
スピリット 白青 飛行、死んだ人間からのトークン発生
ゾンビ 青黒 トークン生成、墓地からの復活、墓地から追放する追加コスト
吸血鬼 黒赤 スリス能力
狼男 赤緑 両面カード
人間 緑白 相互強化装備品、他種族との敵対
  • 赤の吸血鬼達は「赤い」「マナコストに黒を含まない」と、二重の意味で初の吸血鬼である。
  • ブースターパックには、両面カードが1枚(ほぼ確実に)、両面カード用チェックシートが高確率で1枚(基本土地の枠)封入されている。
    • これに伴って基本土地の出現率が下がるため、基本土地の絵違いが各4枚から各3枚に減らされている。
  • 発表アナウンスに登場したイラストにはリリアナ・ヴェスが描かれており話題となった。

デザイン

デザイン・チーム Mark Rosewater (lead)
Richard Garfield
Jenna Helland
Graeme Hopkins
Tom LaPille
調整チーム Erik Lauer (lead)
Mark Gottlieb
David Humpherys
Tom LaPille
Adam Lee
Kenneth Nagle

参考

関連リンク

MOBILE
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
MOBILE