格闘

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

格闘(かくとう)/Fightは、キーワード処理の1つ。クリーチャー2体がお互いにダメージ与え合うことを意味する。イニストラードで制定された。


Prey Upon / 捕食 (緑)
ソーサリー

あなたがコントロールするクリーチャー1体と、あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。その前者はその後者と格闘を行う。(それぞれはもう一方に自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。)


[編集] 定義

あるクリーチャーがクリーチャーと「格闘を行う/Fight」場合、それらの各クリーチャーは、それぞれもう一方に自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。格闘を行う呪文能力の解決時に、いずれかのクリーチャーがすでに戦場にいなかったり、クリーチャーでなくなっていたり、何らかの理由で不適正対象になっていたりする場合、ダメージは与えられない。

[編集] 解説

闘技場/Arenaなどの俗に「殴り合い」と呼ばれる効果をキーワード化したもの。常磐木キーワードに位置づけられている。

殴り合い効果のうち「同時にダメージを与える」効果を含むカード5種類は、2011年9月のオラクル更新で格闘を行う形に変更された。Trackerなどはダメージを与えるタイミングが異なるため変更されていない(通常は差がないが、萎縮感染を持つクリーチャーの場合などに差が生じる)。

色の役割としては一種色が、二種色がとされている。特に緑は格闘以外で非飛行クリーチャーを除去する手段が乏しいため、格闘は貴重な除去手段となる。

格闘と同様にパワーを参照してクリーチャーにダメージを与えるが、「殴り返されない」ものは一方的格闘と呼ばれる。

  • 誘発型能力による格闘は「クリーチャー1体を対象とする。あなたは「これはそれと格闘を行う。」を選んでもよい。」という効果だったが、灯争大戦以降「クリーチャー最大1体を対象とする。これはそれと格闘を行う。」が標準となった。能力に対応して接死や強化を使われても格闘を取りやめられないので弱体化してしまったが、呪文や起動型能力による格闘ではその対処方法が有効なのに誘発型能力だけ異なる事を修整した形とも言える。

[編集] ルール

  • ダメージは同時に与えられる。
  • クリーチャーが自身と格闘を行う場合、そのクリーチャーは自身に自身のパワーに等しい点数のダメージを2回与える。
  • 格闘によるダメージは戦闘ダメージではない。先制攻撃二段攻撃など、戦闘関連の能力は機能しない。
    • 接死萎縮感染のようにダメージのルールを変更する能力は通常通り適用される。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20191004.1


MOBILE