インビテーショナルカード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

インビテーショナル・カードとは、インビテーショナルの優勝者が出した案を基に製品化されたカードのこと。

[編集] 解説

インビテーショナルの優勝者は、将来のセットに収録させるカード案を開発部に提出することができる。それが実際に製品化したものがインビテーショナル・カードである。インビテーショナルが廃止されたため、今後このカードが増える見込みはない。

製品化したカードのイラストには提案者がマジック世界の人物として描かれる。またデザインした本人の名前がカードの愛称として呼ばれることもある。

2005年のインビテーショナルでは、参加者が大会前に提出したカード案で一般投票を行い、それで1位だったものもカード化することになった。投票の結果1位だったのは藤田剛史氏の提出したカード案で、宝石の洞窟/Gemstone Cavernsとして時のらせんに収録された。

たいてい、提出されるカード案はめちゃくちゃなカードばかりなので実際のカード化までに弱体化されるが、例外もある。Chris Pikula氏のデザインしたカードは地味と言うかおとなしかったので、大幅な強化が施されている。→翻弄する魔道士/Meddling Mage

ほとんどがレアクリーチャー・カードである。人間ウィザードであることが多い。

ちなみに時のらせんで3枚のインビテーショナルカードがタイムシフトしたことにより、ラヴニカ・ブロック時のらせんブロックコールドスナップスタンダードでは、実に6枚のインビテーショナルカードを使用可能な環境であった。もちろん歴代スタンダードでは最大数である。

[編集] インビテーショナルカード一覧

[編集] 参考

MOBILE