真面目な身代わり/Solemn Simulacrum

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Solemn Simulacrum / 真面目な身代わり (4)
アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

真面目な身代わりが戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、それをタップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直してもよい。
真面目な身代わりが死亡したとき、あなたはカードを1枚引いてもよい。

2/2

4マナ2/2と戦闘性能は低いものの、出て良し、死んで良しのアーティファクト・クリーチャー

戦場に出すだけでデッキ圧縮マナ加速、さらにブロックなどで死亡してもカード1枚に。アドバンテージの塊とはまさにこのことだろう。不屈の自然/Rampant Growthキャントリップがつき、さらに2/2のクリーチャーがついてくるわけで、コスト・パフォーマンスは非常に高い。

少々地味ながらも非常に便利なクリーチャーで、しかもを選ばず使えて汎用性が高い。サイズがやや頼りない点も、アーティファクト・クリーチャー特有の破壊されやすさも、欠点ではあるが「PIG能力誘発させやすい」という強みにもなっている。ミラディン初出時のスタンダードの様々なコントロールに採用された。特に同時期は親和デッキが猛威を振るったことも手伝い、アーティファクト破壊がメインデッキから標準搭載される環境だったことから、他のマナ・アーティファクトより安定性の高いこれは重宝された。

基本セット2012での再録後のスタンダードでも、青黒コントロール赤緑ヴァラクートなどで活躍している。聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx原始のタイタン/Primeval Titanなど、強力なフィニッシャーが存在する6マナ域に安定して繋げられる点が評価されている。またクリーチャー・タイプゴーレムであるため、新たなるファイレクシア接合者サイクルと相性が良い。

統率者戦ではどんなデッキにも採用できる土地サーチカードであるため人気が高く、太陽の指輪/Sol Ringほどでないにしろ様々なデッキで採用されるカード。

[編集] インビテーショナルカード

このカードはインビテーショナル02優勝者、Jens Thorenによってデザインされたインビテーショナルカードである。

元デザインは以下のような感じ。


非公式/非実在カード

Forestfolk (2)(緑)(青)
クリーチャー ― エルフ・ウィザード

Forestfolkが場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、それをタップ状態で場に出し、あなたのライブラリーを切り直してもよい。
Forestfolkが場を離れたとき、あなたはカードを1枚引いてもよい。

2/2


2番目の能力死亡したときのみ誘発するようになった点はやや弱体化しているが(もしそのままなら霊体の地滑り/Astral Slideとのシナジーがとんでもないことになっただろう)、アーティファクトになりを問わずデッキに入れられるようになっている。破壊されやすいことも、このカードならあまり問題にならない。

[編集] 参考

MOBILE