オーラン山脈/Ohran Mountains

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

オーラン山脈/Ohran Mountainsは小説Planeswalker初出のドミナリア/Dominariaの地名。その後、コールドスナップカード名にオーランを冠するカードが初めて登場した。

目次

[編集] 解説

オーラン山脈はテリシア/Terisiare北西、ガルメニー/Gulmanyの島の山脈地帯(テリシア地図)。ガルメニー中央部の面積の大部分を占める。南東にはKovria(コヴリア)のやせ地があり、それ以外の山脈すそ野には平地がぐるりと囲んでいる。周囲の国や都市、地名についてはガルメニー/Gulmany#地名を参照。

[編集] Colekgan Mountains

Colekgan Mountains(コルガン山脈)は兄弟戦争/Brothers' War頃のオーラン山脈の旧名(兄弟戦争期の地図)。小説The Brothers' Warで登場した。

Terisia City(テリシア市)の市壁や象牙の塔/Ivory Towerを構成する白い石材はコルガン山脈から運搬されたものである。

[編集] オーラン分水嶺

オーラン分水嶺/Ohran Ridgeは小説Planeswalker初出時の名称。オーラン山脈の別名か、山地帯の一部の分水嶺・尾根と思われる。オーラン山脈表記は後の小説The Shattered Allianceから。

3210ARドミナリア/Dominariaに帰還したウルザ/Urzaはオーラン分水嶺で隠遁生活を始める。オーラン滞在時期には子孫のジョダー/Jodahがウルザを訪問している。

[編集] BinyenとMuraytt Mountains

南西部の山中にはBinyen(ビニェン)の廃墟が遺され、その一帯はMuraytt Mountains(ムーレイト山脈)と呼ばれていた(詳細Binyen参照)。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

コールドスナップ
オーランのバイパー/Ohran Viperオーランのイエティ/Ohran Yeti

[編集] フレイバー・テキストに登場

コールドスナップ
オーランのバイパー/Ohran Viper

[編集] 登場作品

[編集] 参考

MOBILE