セファリッド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

セファリッド/Cephalidは、クリーチャー・タイプの1つ。マジック:ザ・ギャザリングオリジナルのクリーチャーである。海の知的種族で、タコかイカが進化したような外見を持つ。


Aboshan, Cephalid Emperor / セファリッドの皇帝アボシャン (4)(青)(青)
伝説のクリーチャー — セファリッド(Cephalid) 貴族(Noble)

あなたがコントロールするアンタップ状態のセファリッド(Cephalid)を1つタップする:パーマネント1つを対象とし、それをタップする。
(青)(青)(青):飛行を持たないすべてのクリーチャーをタップする。

3/3


Cephalid Looter / セファリッドの物あさり (2)(青)
クリーチャー — セファリッド(Cephalid) ならず者(Rogue)

(T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。

2/1


Cephalid Pathmage / セファリッドの抜け道魔道士 (2)(青)
クリーチャー — セファリッド(Cephalid) ウィザード(Wizard)

セファリッドの抜け道魔道士はブロックされない。
(T),セファリッドの抜け道魔道士を生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。それはこのターン、ブロックされない。

1/2

オデッセイ・ブロックで登場し、マーフォークに代わる小型中型の種族となったが、次のオンスロート・ブロックではオンスロートレギオンに1体ずつのみ。以後、新種は登場しておらず、オデッセイ・ブロックとオンスロート・ブロック専用のクリーチャー・タイプのような存在になっている。

職業としてはウィザードが多いが、ならず者スカウトもいる(それ以外はいない)。クリーチャー・タイプ大再編でも、どういうわけか職業を与えられず無職のままのセファリッドが半数近く(7体)もいる。

すべて青単色戦闘向きのクリーチャーは稀で、システムクリーチャーが多い。部族カードセファリッドの皇帝アボシャン/Aboshan, Cephalid Emperorのみ。

伝説のセファリッドは、セファリッドの皇帝アボシャン/Aboshan, Cephalid Emperorセファリッドの女帝ラワン/Llawan, Cephalid Empressの2体。

[編集] ストーリー

オタリア/Otaria周辺海域の深みに海の帝国/Mer Empireを築いていた。アボシャン/Aboshanラワン/Llawanも参照。

狡猾で信頼のおけない種族であることが、あちこちのフレイバー・テキストに書かれている。

よこしまなセファリッドと信頼のおけるセファリッドの違いはすぐわかるよ。信頼のおけるほうは死んでるからね。
セファリッドは君の耳に心地よい追従の言葉を囁き、君の手に宝石を握らせ、君の頭の中に夢を作り出す。そして君の背中にナイフを突き刺すんだ。

[編集] 参考

MOBILE