行弘賢

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

行弘 賢(ゆくひろ けん)は、福岡県出身、東京都在住のマジックプレイヤーDig Cards所属。

目次

[編集] 概要

ミストメドウの魔女/Mistmeadow Witchデッキオリスチャント等、思いもよらないカードをキーカードとしたデッキをトーナメントレベルまで昇華させる実力を持つ気鋭のデッキデザイナーであり、コラムニストとしても活躍中。リミテッドの達人として定評がある[1]

MTGチーム「Musashi」への加入に際して瀧村和幸とは加入候補として競合したが、サイコロによる抽選で勝って創設メンバーでは最後となる6人目として加入した、という経緯がある[1]

世界選手権18の14回戦にて戻し忘れたサイドボードカード引いた際、即座にジャッジに申告しなかった(ターンが終わってから申告した)ことにより、失格処分を受けた[2]

マジック・プロリーグ20のシーズンが途中で終了したことから、YouTubeでの配信に力を入れていた。また、解説者の仕事も増えた[3]。配信では0からデッキを構築する様子を生で楽しむことができるのが魅力[3]

  • マジック以外にも、2005年のポケモンカードゲーム世界大会で4位入賞の実績がある。
  • プロツアー「イクサランの相克」で配布された薄暮薔薇、エレンダ/Elenda, the Dusk Roseが描かれた80枚スリーブをゲン担ぎとして使っていた。2019年12月時点では1組しか残っておらず、その気になれば同一アイテムを手に入れることは可能だが、「過去に執着してもしょうがないんで、今は第二のエレンダを探してる段階です」とのこと[4]

[編集] 主な戦績

[編集] プレイヤーズツアー

[編集] ミシックチャンピオンシップ

[編集] プロツアー

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 『マナバーン2018』(ホビージャパン、2017年11月30日初版)p.5 ISBN 9784798615776
  2. Disqualification in Round 14/第14回戦での失格処分について(Event Coverage)
  3. 3.0 3.1 『マナバーン2021』(ホビージャパン、2020年12月21日初版)p.17 ISBN 9784798623849
  4. 『マナバーン2020』(ホビージャパン、2019年12月20日初版)p.73 ISBN 9784798620862

[編集] 参考

MOBILE