ホロウヘンジのゴミあさり/Hollowhenge Scavenger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hollowhenge Scavenger / ホロウヘンジのゴミあさり (3)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

陰鬱 ― ホロウヘンジのゴミあさりが戦場に出たとき、このターン、クリーチャーが死亡していた場合、あなたは5点のライフを得る。

4/5

陰鬱が付き、ダブルシンボルになったブランチウッド・ツリーフォーク/Blanchwood Treefolk

5マナ4/5となかなかのサイズを持ちながら、陰鬱を達成した状態で戦場に出ると5点のライフまでついてくる。

構築では、出産の殻にちらほら採用される。出産の殻/Birthing Pod能力戦場に出す場合、起動コストクリーチャー生け贄に捧げられているためほぼ確実にライフを得ることができるため、ライフを得つつ6マナ圏(タイタンなど)へ繋げる潤滑剤として役に立つ。しかし基本セット2013の参入後はスラーグ牙/Thragtuskの登場により大分立場が怪しくなった。P/Tこそ違うもののシングルシンボルで状況を選ばず5点回復、さらには戦場を離れた後もトークンを残せると、スラーグ牙の方が数段扱い易かったため。

リミテッドでは、素の状態でも大型クリーチャーとして十分頼れる戦力であり、ついでにライフが得られればなお心強い。ただしライフを得るためだけに無理にクリーチャーを1枚死亡させるべきかどうかはよく考えたい。

  • 「Scavenger」は「ゴミを漁って生活する人」という意味だが、生物学の用語だと「腐肉食動物(動物の腐敗した死体を主食とする生物)」を意味する。
    • クリーチャーが死んでいるとライフを得られる。そしてホロウヘンジ/Hollowhengeは数多くの骸が眠る場所である。ここから考えるとつまりコイツが漁っているのは……

[編集] 参考

MOBILE